FC2ブログ

ジャワ島一周旅行その2

DSC_0216 2

 今日はジョグジャからバンドゥンまでの移動でほぼ終わった。ジョグジャ9:30発でバンドゥン17:30着なので8時間の列車の旅である。鉄道の軌道は日本と同じ狭軌である。日本の占領時代にこうなったという話である。しかし車内の幅は日本の在来線より広い気がする。横4列がけであるが、ゆとりがある。また座席の前後の間隔は新幹線より長いかもしれない。空間の余裕は充分だけど、それ以外は日本の鉄道と比べ物にならないくらい悪い。が、慣れてしまえば問題ない範囲だ。ちゃんと冷房も利くし(利きすぎて寒くなる事も多々あり)昼食のサービスもある。これは飛行機の機内食のような簡易トレーの作り置きが出てくるのではなく、食堂車でちゃんと料理して陶器のお皿に盛って出てくるので雰囲気はなかなか良い。料理の内容は大した事はないけど。
 以上の話は僕が乗った1等のクラスの話であり、2等、3等はかなり悲惨なようだ。3等は日本の通勤電車のような横がけの座席しかなく、ぎゅうぎゅう詰めで客が乗っている。電灯がなくて車内が真っ暗なので不気味である。
 今日の行程の前半はジャワ島南岸の平野部を走っていたので、延々と田んぼが続く単調な景色だったが、後半からは山岳地帯に突入して、おもしろい景色になった。車両の側面のドアは自由に開閉が出来るので、景色を見るためにドアを開けて外に身を乗り出している人もいる。

DSC_0200 2

DSC_0197.jpg

 バンドゥンに着いたのは18:30くらいで予定時刻を1時間もオーバーしていたが、これくらいの遅れは普通のようだ。駅に着いたらタクシーでホテルに行こうと思ったけど、まったくタクシーがいない。白タクの運ちゃんが次々声をかけて来るので最初は追っ払っていたけど、しょうがないので白タクに値段を聞いてみると70,000Rp(700円)と吹っかけて来る。ホテルまで2kmくらいなので高くても20,000Rpである。値切っても60,000Rpにしか下げてこないので交渉するのもバカらしくなってやめてしまった。試しにホテルに電話をしてみると送迎があるそうなので、お願いすることにした。
 しかし、待ち合い場所のほかほか弁当(インドネシアにもほか弁が進出している)の場所がよく分からない。取り合えず駅の外のパン屋の前で待っていると伝えたら、そこに行くから待っててくれという話だ。排ガスの充満する通りで子供を抱っこしたまま待っているとけっこう不安になって来る。20分後にホテルの送迎車がやっと来た。これでやっとホテルに着いて一安心。
 スマランの暮らしに慣れてしまうと異国気分が無くなって来るが、旅行に出ると些細なことでトラブルになり、やはりここはインドネシアなんだなと実感する。やはりたまには旅に出て緊張感を味わうことも必要だ。

夜のバンドゥン駅に到着
DSC_0223 2
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる