FC2ブログ

ハイキング

  先週日曜日にハイキングに出かけました。実はプアサ(断食月)明けにレバラン休暇という長期休みがあり、今年は12連休です。インドネシア人は故郷に帰って親戚家族と過ごすのが一般的ですが、レストランや商店がほとんど閉まり生活が不便なので外国人はバリ(ヒンズー教なのでレバランは関係ない)や外国に旅行するのが一般的です。我が家はオーストラリアのタスマニアに行く予定です。タスマニアではトレッキングをするつもりなので、そのための足慣らしが目的です。
  ハイキングの場所はいつものUngaran山、今回は登り口を変えて、Candi gedong songoから登りました。ここは、例の馬に乗ってハイキングできるヒンズー教の遺跡のあるところです。このルートは一般ルートではないようで、分岐に標識が何もないため道を間違えてトラバースルートに入ってしまい、これが延々と続いたため時間切れになって山頂は諦めました。
  息子を背負子に背負って登ったのですが、3歳を過ぎてだいぶ大きくなってきたため(14Kg弱)、登りは結構つらくなってきました。背負子と息子に装備を加えると20kgになってしまいます。筋力、心肺機能はトレーニングでなんとかなるのですが、ガラスの膝が一番心配です。
  2004年の北ア合宿で膝を痛めてからも、無理を続けて活動をしたために膝の軟骨が完全に痛んでしまい(変形性膝関節症)、もう以前のようなハードな活動が出来なくなっているのです。ここ3年ほどトレーニングで腿の筋肉を鍛えたので膝の状態もかなりよくなり、20kgを背負っての登山も1日ならなんとかこなせるようになりましたが、泊まりはまだ無理でしょう。まあ、この病気になってしまった以上、もとの膝には戻らないことは確実なので、どこまで復活できるかは疑問なのですが。

  原因が変形性膝関節症であることを突き止めるまで、病院を何軒も回って1年くらいかかりました。最終的には変形性膝関節症を長年研究してきた膝の専門医にめぐり合えて分かったのです。もっと早くに分かっていればここまで悪くならなかったかもしれません。まあ、なってしまったものはしょうがないので、これからもこのガラスの膝と付き合いながら活動を続けるしかないです。
  膝の負担が大きいテレマークスキー、重荷を背負った登山は無理ですが、ケイビング、自転車、シーカヤックはほとんど問題ないですから、普通に考えると遊びには困らないですね。しかし、一番好きだったテレマークができないのは悲しいです。まあ、熱帯のインドネシアではどっちにしろできませんが。でも、もしテレマークが出来る身体だったらインドネシアに来るのは迷ったかも知れません。

遺跡を見下ろしながら休憩
SANY0006_20080911065445.jpg


SANY0011_20080911065504.jpg

遺跡から見上げる山頂方向(手前のピークに隠れて本当の山頂は見えない)
SANY0035.jpg

ワラビとそっくり。たくさんあります。
SANY0021_20080911065518.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

 タスマニアですか。洞窟もたくさんありますよ。昔、ブラジルで一緒になった人がタスマニア在住の洞窟学者でした。Y大のM君がタスマニアに行った時に家に泊めてもらったり世話になったようです。世界が狭いです。やはり。

No title

ガイドブックを見てみたら、タスマニアの北部には結構あるみたいですね。観光洞もあるので、ちょっと寄ってみるかな。
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる