FC2ブログ

バリ旅行

  家族がインドネシアに帰ってきました。バリ経由で帰ってきたので、僕もバリで合流して4日間ほど滞在しました。4日間といっても初日と最終日はほとんど移動だけなので、実質2日です。泊まったのはSanur地区のPARIGATA VILLAS というヴィラタイプのホテルです。全16室というこじんまりしたホテルですが、プライベートプール、きれいに手入れされた庭、きれいなメインプールと、別荘感覚でゆったり出来るホテルでした。ちなみに値段は3泊でRp3,9450,000(¥4.75万)
  僕は毎日子供と一緒にプールと海で遊んでいました。その合間に妻はホテルのまわりでショッピングです。海は、まあ、それほど綺麗ではなく、どこにでもありそうな海岸でした。日本から来たらちょっとがっかりしたかもしれません。珊瑚も近くにはまったくなく、シュノーケルを持ってきたのですが、結局使いませんでした。
  ということで、僕は自分一人で遊ぶのはやめて、ほとんど子供の相手をして遊んでいました。日本の九十九里で海遊びを覚えたせいか、子供は積極的に遊んでとても楽しそうです。3歳になって動きもしゃべりも達者になってきたので一緒に遊ぶのがますます面白くなってきました。
  他の観光客はほとんど白人でした。たぶんオーストラリア人だと思います。彼らは浜辺で一日中寝転んで日光浴をしているのですが、あんなに紫外線を浴びて大丈夫なんだろうかと、心配になってきます。
  あと、驚いたのはホテルや店で英語が普通に通じることです。いままでインドネシアでこんなに英語が通じたことはありません。しかし、僕は英語で話しかけられても、ついついインドネシア語で返事をしてしまいます。英語はかなり強く意識しないとすぐに出てこないのです。どうも僕の中では第一外国語はインドネシア語になってしまったようです。。。

Parigata Villas の前で
SANY0104.jpg

ホテルのメインプール
DSC_0030.jpg

DSC_0025.jpg

箱眼鏡で遊ぶ息子
SANY0012.jpg

部屋に付いているプール
DSC_0034.jpg

ホテルの庭。花がたくさん。
SANY0174.jpg

浜辺。泳いでいるのはほとんどインドネシア人
SANY0128.jpg

SANY0130.jpg

SANY0148.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる