FC2ブログ

鎮魂の碑の清掃

  8月16日にスマラン日本人会による「鎮魂の碑」の清掃が開催されたので参加しました。「鎮魂の碑」とは、スマラン事件で亡くなった人々を慰霊するために今から10年前にスマランの海岸に建てられた碑です。スマラン事件とは1945年10月14日、すでに日本の敗戦で戦争は終結していたのですが、スマランにあった日本軍の武器庫の武器の引き渡しをインドネシア独立派が要求し、連合国から引き渡しの禁止を命令されていた旧日本軍がそれを拒んだため、両派の間で銃撃戦が勃発し数百名の命が失われた事件のことです。すでに戦争は終了していたにもかかわらず、多くの人命が失われた悲しい事件です。驚いたのは亡くなった人達の半数以上は国鉄関係者、王子製紙関係者などの民間人だということです。武器庫とは直接関係ないと思われるのですが、事件後に収容された刑務所で亡くなったのでしょうか。
  毎年1回日本人会で清掃し、黙祷を捧げることが行事となっているようです。場所は港のそばの埋め立て地にあるのですが、年々地盤沈下しており、とうとう隣接していた駐車場が水没したそうです。スマランの港付近にある埋め立て地はどこも地盤沈下が激しくて、海面下になってしまい放棄された倉庫などがたくさん並んでいます。初めて見た時はギョッとしました。地下水のくみ上げか、地球温暖化による海面上昇が原因なのかよくわかりませんが、このまま進むと鎮魂の碑も水没してしまいそうです。


SANY0001_20080816175953.jpg

SANY0004.jpg

SANY0007_20080816181132.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

鎮魂の碑

初めて投稿します。
8年ほど前に鎮魂の碑を訪れた者です。
水没しそうと聞き驚いています。スマランという町自体が水浸しになりやすいというイメージではあるのですけど。
ブログの更新楽しみにしています。

ほんとうに危ないのです

コメントありがとうございます。
いや、ほんとうに危ないのです。
このペースだと10年はもたないと思います。
港の回りも地盤沈下がひどいです。
かさ上げ工事もしていますが、間に合わないみたいで、水没して放置された倉庫や建物が至る所にあります。
雨期のシーズンはほんとうに街全体が水没しそうな雰囲気がありますね。
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる