FC2ブログ

冬の気配?

 最近、冬の気配を感じます。熱帯のインドネシアで冬はないだろうと皆さんは思われるでしょうが、車に乗って外をボーと眺めていると冬の錯覚に陥ることが時々あります。
 実は、今インドネシアは乾季の真っ只中です。ここ1ヶ月くらいまったく雨が降っていません。そのせいで空気が乾燥して澄んでいます。だから青空の青さ、光のコントラスト、まるで日本の冬の光景のようなのです。暖房が効きすぎてちょっと暑い車の中から外を眺めているような感じといえば分かりやすいでしょうか。まあ、日本と言っても太平洋岸のからっと晴れている地域に限っての話ですけど。
 樹木も自身からの水分の蒸発を防ぐために、葉を落としています。インドネシアで日本の冬を感じられるとは、なかなか面白いです。
 インドネシアは季節が乾季(4月~9月)と雨季(10月~3月)に分かれていますが、乾季は乾燥したオーストラリア大陸から吹く東風による影響です。そのためインドネシアでも東に行けば行くほど、乾燥します。しかし西のスマトラやボルネオでは、乾いた東風が海を渡ってくる間に湿気を含んでしまうので、乾季といえども雨が降ります。
 そして雨季になるとアジア大陸からの西風になります。西風がインド洋を渡ってくる間にたっぷり湿気を含んでインドネシアに到着します。そしてインドネシアの山々に衝突して上昇気流となり雨が降るのです。
 乾季のことは別名Musim panas(暑い季節)と呼んでいますが、実際は湿気がないため、気温は30℃以上になってもほとんど暑さを感じません。昼間、家にいてもクーラーをつけることはありません。一番暑さを感じるのは雨季の初め(10月から12月)です。この時は日本の真夏と同じくジメジメして不快です。この期間を除けば、日本で想像していたのと違ってとても快適です。
 皆さんも、もしインドネシアに来ることがあればぜひ乾季に来てください。熱帯のイメージが変わると思いますよ。

冬の雰囲気が伝わるかなあ
DSC_0152.jpg

DSC_0145.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる