FC2ブログ

Flores Sea kayak trip インドネシア フロレス島シーカヤック旅行記6

 7月7日、5日目、昨夜は快適なキャンプだった。朝、住民の人たちに見送られて無事に出発、海も穏やか。気持ちよく進んで行く。ここから海岸は南の方に大きく入り組んで湾となっている。海は穏やかで何も問題ないので、ショートカットすることにする。湾を横切った先にあるのは小さな小島、Kinde島だ。この島を目指して漕ぎ進む。

01start.jpg

02start.jpg

03byebye.jpg
たくさんの人が見送りに来てくれた。

04transparensy.jpg
透明度は良好。サンゴがよく見える。

05calm.jpg
穏やかな海

06island.jpg
Kinde島

 島に到着すると、そこそこ大きな船が接岸して浜には結構な人が上がっている。出発点から約5.5km。休憩にはちょっと早いけど気持ちの良さそうな小島なので上陸することにした。
 浜の目の前はサンゴが広がっている。さっそく潜ってみた。今回の旅で初めてまともなサンゴだ。透明度も高く、久しぶりのサンゴを楽しんだ。
 サンゴを楽しんだ後、浜に上がってみると、浜にいた人たちが僕を呼んでいる。近づいてみると、みんなでバーベキューをしているようだ。昨日、今日とIdul Fitri(断食明け大祭)なので近くの集落から家族親戚総出で船に乗ってピクニックに来ているらしい。レバラン休みを外島のリゾートで過ごすことが何度かあるが、Idul Fitriの時は集落からきれいなビーチに多くの人がピクニックに出かけるようだ。Flores島もそうだが、すべてのビーチがきれいなわけではなく、泳いで楽しめるのはかやり限られた場所だけ、こういった特別の日にしか来ないのかもしれない。
 バーベキューを一緒に楽しみながらいろいろ話をしてみると、彼からは皆んな親戚で普段は違う場所に住んでいるが、レバランで帰省してきたいるらしい。集落は昨夜泊まった集落のすぐ隣のようだ。普段はお婆さんと息子の家族だけしか住んでいないらしい。皆んなムスリムなので、元々はどこか他の島から移住してきたのだろう。普段の仕事は警察官や役所、学校の先生といろいろ。完全に町の人たちなので、昨夜の地元住民とは明らかに雰囲気が違う。一眼レフを持った人もおり、ジャワ島の都会人と雰囲気は一緒。

07island sea

08island sea2

09coral.jpg
今回の旅で初めてのまともなサンゴ。

10 big fish
Ikan Simba

11 goat
島にはヤギが放し飼いにされているらしい。禿山で水も餌もないので、水と餌は船で運んでくる。陸で買うより、盗まれたりしないので安全だそうだ。

13 mountan
この山の頂上に、この一帯に最初に入植した人の墓があるらしい。二人の墓があるという話。浜にいた人はバーベキューの前にみんな頂上まで行ったらしい。


14 people
バーベキューの風景


15 black fish
真っ黒な魚、味は美味しいが皮が分厚くて食べにくい

12 nasi
Rapa Rapa、ご飯をバナナの葉?で包んだもの、日持ちがするらしい。

16 small fish
Ikan Kenta


17 lunch
焼き魚をサンバル(辛い調味料)をつけて食べる

18 people
みんなの集合写真

19 boat
この漁船に乗って来たらしい

 気がつくと1時間40分も経っていた。すっかり長居をしてしまった。皆んなもバーベキューが終わったので家に帰ると言う。お礼を言って出発。

20 sea

 枯れて禿げ上がった山々が延々と続く風景。しかし風も弱く、穏やかな航海が続く。

21 sea
サンゴが多いため、ライムグリーンの海が続く。

21A sea
休憩

22 mangrove
マングローブが続く
 
 バーベキューの後さしたるイベントもなく淡々と漕ぎ進む。一箇所真っ白な岸壁が続く場所があった。何だろうと思いながら進む。このあたりの海岸はずっとマングローブが続く。昼過ぎになっても風景は変わらず、昨日の不安が頭を持ち上げてきた。キャンプに適した浜はあるんだろうか?

23 sea
白い岸壁、なんだこりゃ?

24 sea
単調な風景

 昼前頃からいつものように東風が強くなってくる。今日はいつもより北寄りの風。横から吹いてくるのであまり助けにならない。バーベキューで時間をかなり使ってしまったので今日はあまり進めないなと思いながら、浜がないと止まるわけにもいかないので、とにかく進むしかない。
 2時頃にやっとマングローブから脱出。ずーっと浜が続く。距離も21kmを超えたので十分である。適当なテン場が見つかったら上陸することにする。しかし海から見るだけではなかなか様子がわからない。うーむ、どこがいいかな。なかなか踏ん切りがつかない。それというのも波が高くなってきたので、接岸したあと場所が悪かったのでまた出艇というのが結構面倒で億劫なのである。

25 sea
浜が続くようになった

 ちょうど1本高い木が生えているのを見つけた。なんとなく良さそうな雰囲気なので上陸することにする。ラッキーなことに木の周りにちょうど良く平らな場所が広がっており、テン場に最適だ。すぐ奥には池が広がっている。ちょっと舐めてみたが塩水だ。うーむ、なかなか良い雰囲気。しかししばらくすると池のそばに小屋があったり、池の向こう側に道路をバイクが走っていたり、結構人の手が入っていることが判明。大自然のど真ん中というわけではないみたい。未開の地と思っていたFloresも意外と人気が多いのである。
 
25 sea black beach
上陸。浜は真っ黒な砂。火山の影響だろう。

28 lake

28A lake
上陸した地点の内陸側に池が広がっていた。

28B lake

29A camp site
テントサイト

29C camp site
素晴らしいくいい天気。

29B camp site
今回最高のロケーションで喜ぶ

29 camp site
ちょっと日が暮れてきた。いい雰囲気

27 battery charger
今回は携帯電話はほとんど圏外でソーラーバッテリーを使う機会はほとんどなかった。

31 sun set
夕暮れも素晴らしい

30 goat
ヤギがウロウロ

本日の航行距離24km

map2_20160827230704237.jpg

map3_20160827230701d78.jpg








 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる