FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flores Sea kayak trip インドネシア フロレス島シーカヤック旅行記4

7月5日、三日目。昨日は岬越えでちょっとビビってしまった。これから毎日同じような状況が続くと、正直しんどいな、最後まで行けるかなとちょっと自信が無くなり始めていた。しかし、今日は地形的に昨日のようなことにはならないだろうと気を持ち直して出発した。
 朝は昨日と同じく風もなく穏やかな状態だ。よし、風のない今のうちに距離を稼いでしまおう。と漕ぎ始める。大きなイベントもなく10時頃に一回浜に上がって休憩する。ここまで1時間45分漕いで7.8km。うーむ意外とペースが上がっていないなあ。休憩地点の浜に、大きなサボテンが生えていた。インドネシアでたまに見かけるサボテンだ。浜は黒い砂浜。Floresは火山が多いので基本的に黒い浜が多いが、サンゴが発達した海岸は白浜になるようだ。黒い浜だと南国気分が出ない。

01穏やかな海

02穏やかな海
穏やかな海。朝はいつもこんな感じ

03穏やかな海palu島
遠くに見えるのがPalu島。サンゴがきれいらしいが、畑もなく貧しいらしい

04休憩
最初の休憩ポイント

06休憩

05サボテン
サボテン

 15分くらい休憩して、出発。今日はちょっと大きな集落に寄って水の買い出しをする予定になっている。事前にGoogle Mapで銀行や商店のありそうな集落をチェックしていたのだ。水以外もひょっとしてビールもあるかな。ちょっと楽しみにしながら漕ぎ進む。
 出発後、徐々に風が出てくる。ほぼ真後ろからの東風なので追い風だ。快調に進む。風が出て波が高くなってきたので、浜には上がらず会場で休憩を取りながら3時間半ほど進んだ頃。風が知らない間に向かい風、西風になっていた。腰も疲れてきたので、そろそろ休憩を取ろうと思いながら進むと、ちょうど桟橋が見えてきた。まわりの浜の波も弱そうなのでちょうど休憩するのに良さそうだ。すでに19km進んだ。買い出しをする予定の町は家がそこそこ集まっているので、海上からもすぐにわかるだろうと思っていたのだが、今までそれらしき町はなかった。そろそろあってもおかしくないのになあ。
 浜で休憩していると、人が集まってきた。その中の一人が浜の東の方を指差して、向こうにワルン(屋台)があるからご飯が食べれるよと教えてくれた。ちょうど昼頃なので昼食を取れる場所を教えてくれたみたいだ。ちょっと距離も離れているし、わざわざワルンで昼飯を取る気にもなれなかったので、行動食を取った後すぐに出発する。浜から波を乗り越えながら出艇する。浜からカヤックに乗ったまま海に出たが、浜で待機しているときに波に押されて、浜に対して徐々に斜めになりひっくり返りそうになった。パドルで支えながらなんとか態勢を整えて出艇した。必死で態勢を整えているのが可笑しいのか、浜にいたおばちゃんが大きな声で笑っている。こっちは必死なんだから笑うことはないだろうとちょっと気分が悪くなった。

07波
浅場では波が立つ

08青い海
青い海。どこでも水はきれい。

09波
あちこちで波が立つ。

10波が立つ

11休憩
第二の休憩ポイント。実はすでに買い出しの町を過ぎていた。

 風はまだ西風だ。この季節は基本的に東風のはずなんだけど、おかしいなあ。まあすぐに元の東風になるだろうと思いながら進む。しかし徐々に西風が強くなってくる。うーむ、予想外の向かい風だ。昨日はうねりに悩まされたが、今日は西風かあ。毎日試練が続くなあ。しょうがないので必死で漕ぐ。
 岸を注意しながら進むが、町らしきものがない。そんな馬鹿な。向かい風でなかなか進まない中、買い出しで何を買おうかなとそれだけを楽しみに漕いでいるのに。29km進んだところですでに午後3時。この頃になると西風は収まったが、今度は東風が強くなる。浜に打ち寄せる波が高くなると上陸地点を探すのに苦労する。しかしまだ町は見えないし、どうしようと迷いながら進んできたが、そろそろ時間も限界だ。ちょうど小さな集落があり波も弱そうな浜があったので、今日はここでやめることにする。

12十字架
岸に立つ十字架。Flores島はキリスト教徒が多い地域だ。元々の住民はほとんどキリスト教のようだ。後から移住してきた人はイスラム教も多い。島のいたるところに十字架や教会がある。ジャワ島とは違う雰囲気。もちろんモスクもある。

115青い海
青い海が続く。

 上陸したところは、集落からちょっと外れた堤防の上。艇から降りて堤防の上に上がると、すぐに人がやってきた。いつものようにカヤックの話や、どこから来たのかとかお決まりの会話をこなした後、大事なことを聞いてみた。ここに食料とか売ってる売店はあるかと。すぐそばにあるとのこと。上陸地点から300mくらい離れたところにPasar(市場)があるようだ。案内してくれるという。一緒に行ってみたら、市場というより単なる広場、周りに掘っ立て小屋が何件か立っているだけ。その小屋の中の一軒に連れて行ってくれた。しかし中に誰もいない。困ったなあと思ったが、案内してくれた人は親切にも周りの人にいろいろ聞いて水を売っている店を探してくれた。50mくらい離れたところに行ってみると、地面にいろんな商品を並べて売っていた。ボトル入りの水もちゃんと売っていた。いやあ、助かった。1.5リットルのボトルを8本購入。そばにジュースを売っている店もあったので、Big Colaとファンタ風の炭酸飲料を購入。早速ファンタ風の蓋を開けて飲んでみたが、蓋が緩くて簡単に開く。飲んでみると味が薄い。ん? ひょっとして空きボトルに別の中身を入れたのでは? 怪しいので捨てた。Big Colaは蓋がちゃんと固く締まっており、味も問題なかった。ジャワ島では、こんな怪しげなことはほとんど経験しなくなったが、ここFloresはまだ危ないな。
 艇に戻ってテント設営など用意をしていると、5、6人地元の人が集まってきた。またいつもの会話が始めるが、西風のことを聞いてみたら、地形が理由らしい。西の方に大きな湾があり、その奥が広い谷になって陸の奥に続いているらしい、風はその谷を下りてくる陸風のようだ。その湾の東側、今日漕いできたあたりは西風になることが多いらしい。なるほど、よくわかった。明日の航路もアドバイスしてくれる。明日はまた半島越えがあるのだが、ここから直接岬を目指すと西風、南風を受けて効率が悪いので、湾の奥を一旦目指して、湾の奥から北の方に半島沿いに進むと、追い風を受けて効率がいいということだ。彼らはいつも手漕ぎの船で漁に出ているから風のことはよく知っているようだ。
 次に、もうひとつの疑問、大きな町はどこにあるのか? 町の名前は知らないので、この近くに銀行のある町はどこ?と聞いてみると、なんとここから東に10kmくらい戻ったところにあると言う。なんと見過ごしてしまっていたことが判明。Google mapで確認した時は、かなり大きな町だったので見逃すことはないと思っていたんだが。。。
 その後もいろいろ話をして、この集落はRopaということがわかった。また明日通過する予定の岬の名前はBola岬、その先はサンゴも多く海も穏やからしい。いやあ、これはいい情報だ。話した人のうちの二人は目の前にある小さなPalu島の人達らしい。仕事のために小舟でやってきたようだ。夜は小舟で泊まるようだ。
 1時間くらい話でも終わる気配がないので、食事の用意をするので、話はまた後でと切り上げたが、遠巻きにまだ僕のことを観察している。うーむ、そのまま食事の用意をして、ご飯を食べた。まるで動物園の動物になった気分だ。6時を過ぎて暗くなってきたら、さすがに皆んな去っていった。やれやれ。
 今日は昨日の反省でタープは張らないでテントのみ。夜空は星で満天だ。すばらしい。しかし、今日はIdul Fitri(断食明け大祭)。そのせいか夜も音楽が流れて、みんな騒いでいる。普通はモスクから一晩中お祈りが流れるんだけど。。。

17ごろた
上陸した岸はごろた。結局、ごろたに上陸したのはこの日だけだった。

13集落
後ろに見えるのが集落。

19集落
この後ろに市場があった。

18住人
住人のみなさん。親切でおしゃべり

15住人

16住人
Simonさん、村のインテリのようだ。電波が通じないのにスマホを持っている。あとでFacebookのお友達になったら、この村でビジネス(投資)をするつもりはないかと尋ねてきた。観光くらいしか思い付かないけど、ここではちょっと厳しいかなあ。

14船
Palu島の人はこの船で寝る

tent1.jpg
後ろに見える島影がPalu島。今度行ってみたい。

tent2.jpg
星空を楽しむには最高のテントと場所

map3wind.jpg
風の様子

map_201607311802407fd.jpg

本日の航行距離29km



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:インドネシア、中部ジャワ州、スマラン市
出身地:広島県広島市
特技:ヒール&トウ
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。