FC2ブログ

Flores Sea kayak trip インドネシア フロレス島シーカヤック旅行記1

今年のレバラン休みはFlores島でシーカヤックをしてきた、いやあ、実に6年ぶりくらいの本格的シーカヤック。久々のビッグな活動だったのですっかりご無沙汰しているブログにもアップしようかと思う。
 今年のレバラン休みは7月2日から12日まで。例年だと家族と一緒にインドネシア国内旅行をするのだが、家族は6月18日から8月7日まで学校が夏休みなので一時帰国しており、今年は僕だけがインドネシアでレバラン休みを取ることになった。
 せっかくの一人での休みなので、単なる旅行ではなく活動をしようと思ったが、さて何をするか? 昨年のクリスマス休みは5日間の自転車旅行で過ごしたので、今回もお気楽に自転車にするかと思ったが、それもつまらんなあ。地図を見ているうちに思いついたのがシーカヤック。久しぶりにシーカヤックにするか。
 場所は、まだ行ったことのなく、ほとんど観光化されていないSumbawaにしようかと思っていろいろ地図でルートを検討したが、半島が大きく複雑な地形なので移動に時間がかかりそう、地図で見る限り集落が少なく食料や水の補給が困難ということでやめた。他にもMaluku諸島も面白いかなと思ったけど、この時期は海が荒れるという情報もあり断念。いろいろ迷ったが、結局Floresにすることにした。理由は、すでに2回ほど行ったことがあり穏やかな海の状況、集落の様子が予想できた。Riungの17Pulauのサンゴが良かったのでまた行きたいなどである。
 ルートはMaumereからRiungまでの約180kmを1日平均26kmで7日間で移動、残り1日は予備日と考えた。速度を平均5km/hとすると行動時間は1日約5時間ということで、十分に余裕ある計画だ。

インドネシア全体地図

map2.jpg

map3.jpg


 久々のシーカヤックなのでちょっと心配だったのは体調。トレーニングと機材のチェックを兼ねて出発前に2週間ほど土日にSemarangの海を漕いでみる。体は問題なかったが、カヤックはちょっと問題あり。ウレタンコートの加水分解がかなり進んでおり、スプレースカート、ハッチのカバー、シートスリング(シートを乗せるところ)のウレタンがボロボロに剥がれていた。ちなみにカヤックはFeathercraft のWisper初期型

DSCN4027.jpg


 さっそく日本のお店(Cetus)にスプレースカートとシートスリングを注文した。6月18日に家族が一時帰国する際、僕も一緒に4日ほど帰る予定なのでその時に受け取る算段だ。しかし入荷が遅れて結局受け取りはできなかった。EMSで後から家族にインドネシアに送ってもらうことも考えたが、レバラン前後は輸送が遅延することが多いので間に合わない可能性が高い。しょうがないのでスプレースカートだけモンベルで急遽購入した。

 もう一つ装備で準備したのはテント。海岸キャンプとなるので涼しいメッシュテントを新調した。MSRのThru-Hiker Mesh House 2という家型のテント。ついでにタープもMSRのThru-Hiker 100 Wingを買った。テントが480g、タープ570g、合わせても1,050gと超軽量。今はやりのウルトラライトハイキング向けの装備なので、生地はとても薄く、強度は低い。まあ、シーカヤックの海岸キャンプには十分だろう。重要なのは通気性。低地の海岸は暑い、日本でシーカヤックをしている時は普通の山用のドームテントを使っていたので、夏のシーズンは辛いキャンプだった。
(つづく)

20160705_172347.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる