FC2ブログ

Merapi ムラピ登山の巻

 8月24日にMerapi山(標高2920m)に登ってきた。Merapi山はインドネシアで最も活発に活動をしている火山として知られ、2010年にも大規模な噴火を起こして300人もの死者が出た。
 今回の登山も5月の時と同じく子供が通っている学校の先生たちと登った。リーダーは(マジメ氏)カナダ人である。他にニュージーランド人の先生が二人。ローカルの職員とその友達合計人のグループである。
 山頂で御来光を拝もうということで夜に登った。夜12時前に登り始めて、途中に日の出の時間に山頂に着くように時間調整のための休憩を1時間半位いれて、山頂に着いたのは5時半。山頂で日の出を見てすぐに下山して麓についたのは9時過ぎ。メンバーの力量が揃っていたので大きく遅れる者もおらず順調に終わった。
 インドネシアでの夜間登山は初めてだったが、こっちでは夜間に登って山頂でご来光を見て下山と言うのが人気がある。今回初めてトライして見てインドネシアの登山には向いていることがわかった。夜の涼しい時に登ると暑さに悩まされることもなくいいペースで登れるのだ。涼しいのであまり水も飲まないので、必要以上に沢山の水はいらない。日帰りなのでキャンプ装備も不要で荷が軽いのでペースが上がる。特に乾季は乾燥していて昼間は埃っぽくて不快なのが夜はあまり気にならない。単純に御来光が目的じゃなく、総合的にメリットが多いので人気のなのかもしれない。

 Merapi山で気がついたのは、外人の登山客が多いこと。他の山では外人に会うことはほとんどないが、ここではなぜか外人ばかり。次々登ってくるのだ。それも普段山に登っている雰囲気のない普通の観光客風の人が多い。と言うのも下山時に足が疲れてヘロヘロになっている人が多いのだ、ちょうど前回のカメラマン氏のように。何故外人が多いのか理由はよく分からないが、インターナショナルな雰囲気の登山が楽しめた。

ところでニュージーランドから来た先生のうち一人は、8月の新学期から校長先生で来ているのだが、何と20年くらい前に日本に留学したことがあるそうだ。登山中にいきなり日本語で話しかけられてビックリした。

実は先週の土曜日にまた学校の先生たちがSundoro山の隣のSumbing山(3371m)に登ったそうだ。僕は風邪を引いていて参加できなかったけど、夜間登山はやはり快適だったそうだ。うーん、残念、参加したかったなあ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる