FC2ブログ

Togean旅行その4

(前回からの続き)
さて、最後に宿のことについてもう一度書きたいと思う。今回の宿に誘ってくれたPedroは昔からこの宿と知り合いで、家族ぐるみの付き合いをしているらしい。その彼のおかげか、宿のスタッフはみんな我々家族にとても親切だった。Kadidiri島のような僻地のリゾートは、宿以外に回りに誰も住んでおらず、集落もないため、食事はすべて宿でとることになる。食事時間が決まっているので、例えば夕食は19時から、夕食になると宿泊者はみんな食堂に集まって一緒に同じメニューの食事をとる。テーブルも大きな長テーブルなので、食事中も隣席どうしで会話が弾む。宿と言うより合宿のような雰囲気だ。
 ところが、我が家は途中から宿のママさん(女主人、Pedroはこう呼んでいた)に招待されて、食事は宿の家族と一緒に取るようになった。食事をしながら、宿の経営や家族のことについていろいろ教えてくれた。宿は元々はママさんが20年くらい前に始めたらしいが、いまは娘のElis(フェリーで我々に営業をかけて来た若い娘)が仕切っているらしい。我々が泊まった時は、二人の息子も里帰りで戻っており、みんなで一緒に宿の手伝いをしていた。本島のAmpanaでも宿を経営しており、ほかにもSurabayaにも家があるが、子供たちは大体ここで育ったらしい。父親はもういないようだが、二人の息子はアメリカに留学して、長男はMBAを取って、次男は電気系の技術者。島の環境とのギャップに驚く。

 と言う感じで、家族経営のほのぼのとした宿なのだが、運営はあきれるほど大雑把だった。一例を挙げると、部屋の予約状況がまったく管理されていないこと。飛び込み客が来れば、予約状況は関係なく、いくらでも受け入れてしまうのだ。こんな僻地の宿に予約もなしで来る客がいるのかと思っていたら、これが結構来るのだ。ママさんとPedroと夕食をとっていたら、突然、明日10人くらいの日本人の団体客が来るんだけど、部屋が足りなくなって困っていると言い出した。飛び込み客を取りすぎたのが原因らしい。おまけに飛び込み客の一組が、本当なら今日チェックアウトする予定だったけど、気に入ったので延ばしたいと言って来て、断れなかったそうだ。それで当てにしていた部屋が一つなくなったらしい。アメリカ人の飛び込み客は従業員用の部屋に入ってもらったり色々努力をしたけど、もうだめだ。どうしようと言う。日本人の僕なら、日本人客の対応方法をなんとか考えだしてくれるのではないかと期待しているような感じだった。
 さらに、エージェントに部屋が足りないから相部屋でもいいかと尋ねたら、日本人はみんな社長なので絶対個室じゃないと駄目だと言って来たらしい。おまけにチャーターボートに乗るときにライフジャケットを着けるので、10人分用意しろと言われたが、うちには10 人分も用意してないよと言う話。
 はあ? そんな10人もの日本人社長が来るわけがない、エージェントは脅しをかけているだけだ。日本人なら正直に状況を話して謝れば、絶対許してくれるはずだと僕がアドバイスすると、Pedroがみんなで土下座しようと言い出した。(彼は土下座を知っているらしい)。いや土下座はいらないと僕。じゃあ、切腹はどうだと笑いながらPedro。さらに横から長男のAndreが、日本人用に特別にカニを調達したんだけど、これは効き目があるかと言い出す。もうみんな冗談だか本気だかわからなくなって来た。全然事態を深刻に考えていないようだ。僕も真面目に相手をするのが疲れて来たので、途中で切り上げた。

 翌日、昼過ぎに 僕がダイビングの講習の準備で桟橋にいたら、日本人団体客がチャーターボートでやって来た。みんなライフジャケットを着けていた。どこかで手配できたようだ。
 上陸してきた日本人たちは 若そうな人ばかりで社長には見えない。そのうちの一人に話しかけてみると、どうもLuwukで天然ガス関係のプロジェクトに従事している人たちらしい。部屋が足りなくて相部屋になることも既に知っているようで、だいぶ前から予約していたけど、やっぱりインドネシアですね、と意外とサバサバした感じだ。この人もインドネシアで苦労しているんだなあ。これなら大丈夫だろうとぼくもちょっと安心した。
 前日に大騒ぎしていたわりには、あっさりと解決してしまった。今回はうまく行ったけど、たぶんこうやっていつも何とかくぐり抜けて来たから、ちゃんと管理しようとしないんだろうなあ。予約管理をちゃんとして、飛び込み客は断ればいいのにと思ったが、こんなところまで来て、部屋がないから帰れと言うのもかわいそうだから言えないのかもしれない。別の日に、部屋が満室だったのか、食堂の端の休憩コーナーで宿泊した客もいた。こんな島に来るのはバックパッカー風のお客がほとんどなので、やっぱりこういう対応の方が向いているのかもしれない。
(おしまい)

DSCN0403.jpg
昼食の風景。左端がPedro、中央奥がママさん、右端がElis

DSCN0419.jpg
夕食の風景。右端が長男のAndre

DSC_0117.jpg
海に突き出た部屋もある。

DSC_0100_20120924185216.jpg
宿の前のビーチ

DSCN0389.jpg
宿の前で泳ぐ

DSCN0358.jpg

DSCN0471.jpg

DSCN0522.jpg
イカもいた

IMGA0159.jpg
Taipei島で泳ぐ

IMGA0336.jpg

IMGA0232.jpg
名前の忘れたビーチ。非常に細かい砂。娘は友達がたくさんできた。

IMGA0357.jpg
みんなBat fishと呼んでいたけど、本当の名前は?

DSCN0748.jpg

DSC_0075_20120924185507.jpg
宿の前をGorontalo行きのフェリーが通っていく。

DSCN0765.jpg
宿の前のハンモック

DSCN0825.jpg
最後はチェーターボートでBuntaに向かう。2時間半くらいかかった。子供たちは熟睡
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる