FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンターを購入

 先日、我が家のプリンターが故障して動かなくなってしまった。日本から持ってきたCANONのインクジェットプリンターだ。家でプリントアウトしなければいけない用事が出来たので、Gramedia(書籍、文具用品店)に新しいのを買いに行った。日本だと事前にネットで何にするかある程度目処を立てて店に行くのだが、インドネシアでは店に何が置いてあるかが重要なので、事前に下調べをしてもあまり意味がないことが多い。したがってぶっつけ本番で店に行った。しかし、これが失敗だった。
 店にはEPSON、CANON、HPと世界三大メーカーが一応揃っていた。中でも目に付いたのはEPSONのインドネシア向け専用モデルL200だ。インクのカートリッジタンクが外付けで巨大なのだ。だからインクの補充はタンクにボトルから直接入れるだけだ。専用カートリッジを交換する必要がない。日本でもサードパーティーから出ている補充インクと同様なシステムだ。これはランニングコストを抑えるにはちょうどいいので、即決でこれにした。印刷のドットも一番細かかったのだ。
 しかし、家に帰ってさてドライバーをインストールしようかと思ったら、なんとMac用のドライバーがないではないか。そんな馬鹿な。EPSONのプリンターがMacに対応していないなんて、急いでWebサイトも調べたが、やはり対応していないようだ。
 しょうがないので翌日店に交換してもらいに持って行った。店員に交渉してみると、ITキャンペーン中で割引商品なので、同額商品と交換して欲しいという。在庫のプリンターをチェックしてみたところ、欲しい商品HPのK209aはRp899,000しかしない。EPSONはRp1,690,000もしたんだぞ。しょうがないのでプリンターの交換カートリッジを買うことにした。しかしHPのカートリッジが安いのだ。全部で4色なのだが、カートリッジは黒とその他3色がセットになったものと二つだけ。両方買ってもRp160,000しかしない。しょうがないのでカートリッジを3セット買って、DVDディスクとヘッドフォンも追加してやっと同額になった。
 まあ、今回はなんとか対処は出来たけど、やっぱりIT商品は事前調査が必要だな。なにしろ店にはカタログがなんと1枚も置いてないのだ。スペックを簡単に書いた手書きの紙が貼ってあるだけ。これでどうやって仕様を比較するんじゃ。たいして当てにならない店員のアドバイスしかないじゃないか。店員を信用できない僕は、彼らが色々アドバイスしてくるのを無視して、自分で持ってきたiPadでネットにつないで仕様をチェックしながら、プリンターを検討した。
 しかし、他のお客は一体どうやって検討するんだろう。ちょっと興味があったが、結局1時間半くらいプリンターの前でああだこうだと検討していたが、僕以外にプリンターを買いに来たお客はいなかった。
 会社のローカル社員に聞いたところ、インドネシア人はカタログスペックを比較検討するような買い方はあまりしないそうだ。店員や友達からの口コミ情報で決めることが多いらしい。まずはカタログ集めから、という日本とは全然違うようだ。なるほどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

口コミなんだ。しかし店員の言葉も信用出来ないのも事実ですね。
これは今安いからお勧めこれは最新型、位なもんじゃない?
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:インドネシア、中部ジャワ州、スマラン市
出身地:広島県広島市
特技:ヒール&トウ
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。