FC2ブログ

外国人は社会的弱者

 またまた震災関連の事を書いてしまうのだが、最近ネットで面白い意見を読んだので紹介したい。福島原発の被災により周囲20km圏内は退避、30km圏内は屋内待機という指示が日本政府から出ている。しかしアメリカ政府からは自国民に対し80km圏内からの退避を指示している。これに対してマスコミなどからは、日本政府の安全基準は低すぎるのではないか、なぜ国によって判断基準が異なるのか等の疑問がたくさん上がっているようだ。
 この指示の違いに対し、新しい観点からの理由が挙げられていたのだ。それはアメリカ人と日本人の情報収集力の違いである。例えば、もし原発で突発的な事故が発生し、放射性物質が噴出し緊急避難が必要になった場合、日本人であれば、政府や自治体からの退避指示をすぐに受けて退避が可能であろう。しかし、アメリカ人など外国人の場合、日本語能力が劣る、地域コミュニティーとの繋がりが弱い、など外国人特有の理由により、情報のキャッチが遅れて退避行動の初動が遅れる可能性が高いのだ。仮にアメリカ人の場合、日本人に比べて初動が2時間遅れると仮定すると、その2時間の間に移動できる距離だけ予め余裕を持っておかなければならない。それを50kmと見積もれば、80kmという数字に妥当性が出てくる。30kmと80kmはどっちが正しいんだと言う意見が良く見受けられるが、こういう理由ならば、どちらも正しいのだ。日本人にとっては30kmで十分でも、アメリカ人には80kmは必要なのだ。まあ、2時間が妥当かどうかは検証の余地があるとは思うが、日本人に比べて余裕が必要なのは確かだ。
 たぶん、日本に住んでいればこういった理由はなかなか納得がいかないかもしれない。しかし、インドネシアに外人として住んでいると良く分かるのだ。この前、インドネシアでもMerapi山の噴火という災害が発生したが、その情報を知ったのは、周りのインドネシア人に比べるとやはり遅かった。僕はインドネシアのローカルTVはほとんど見ないし、新聞・ラジオもあまり聞かないので、遅れても当然である。もし、僕があの被災地に住んでいたら、真っ先に死んでいたであろう。
 外国で生活していると、自分が弱い存在であることを自覚する場面が多い。相手の言っていることが理解できない。新聞が読めない。雑誌が読めない。まるで、幼稚園、いやもっと低いかな、コミュニケーション能力で言えば幼児レベルなのである。だから一般的に外国人は子供と同じような社会的弱者なのだ。だから、今回の震災のような災害が起きて、外国人が真っ先に逃げ出すことも、ある意味しょうがないのである。彼らは弱者なのだから。日本にいる人たちもそんな外国人達を見て「何じゃ、あいつらさっさと逃げやがって」と、批判的な気持ちになると思うが、弱者をいたわる気持ちで、彼らを温かい目で見て欲しいと思う。

 
 ところで、僕が感心したこの意見が載っていたサイトが何処だったか分からなくなった。すみません。でも、こういう考えがあっても良いのではないかと思う。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あーわかるわかる!

とんまもTVは基本NHKか子供番組
新聞は日本の産經新聞
のみですね
ローカル新聞見ないし
yahooニュースは時々しかちぇっくしないし
ましてや海外ニュースまで滅多にとばないし
インドネシアで何が起きているかなんて
全然タイムリーじゃないですね。(ん?言葉がおかしい?)

しかし一時期インドネシアのローカルニュースを朝
見ていた事もあるのですが
何処の地域が洪水だとか
何処で川に車が落っこちたから引き上げている様子とか
必ず、目撃者とか被害者のコメントも取ってあって
どうでもいい事を一大事!見たいな放送の仕方で
しかも洪水のコメントを喋っていた子守りをしていた子供は
「いつもの事です」とか言っていたあれは
ニュースと言うより報道番組?
この番組で本当に大事な重大ニュースは放送されるのだろうか?
と疑ってしまう。

中国や北朝鮮の様に情報操作しているのではないかとか疑ってしまう。

つい先日牛乳の混入物疑いのメールがまわって来ていたのも
チェーンメールによるものなのか。
情報を隠していて報道されていないのか?
いまだに疑問です。
しかし報道が規制されていればチェーンメールは激しくなるでしょうねー

他にもチェーンメールらしき物が届きますが、それも3分の2は理解不可能です。
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる