FC2ブログ

インドネシア人の英語のことなど

 こっちで暮らしていて不思議に思うのは(いや、羨ましく思うのが本音かな)、なんでインドネシア人はあんなに簡単に英語をマスターできるのかということだ。といっても普通の庶民はほとんど英語が出来ない。日本以上に使えないかもしれない。勉強していないから当たり前だ。しかし、いざ勉強を始めると、絶対日本人より上達は早いと思う。大学レベルの高等教育を受けたものは英語が出来るものが多い。日本の学生と比べても、総合的な能力は明らかに低いと思われる者でも、けっこう英語が出来る。まあ、一番の理由はインドネシア語と英語が似ている言語だと言うことだろう。日本語と比べるとはるかに近い。もう一つの理由は、英語由来の外来語が多いということだ。それも難しい言葉、抽象的な言葉や、専門的な言葉になるほど英語が多いのだ。もともとインドネシア社会になかった言葉なので、わざわざインドネシア語で新しく作るよりそのまま持ってきた方が簡単だと言うこともあったのだろう。だから、もともと難しい単語は良く知っているので、英語の上達はより早くなるのではないか、というのが僕の推論である。
 例えば、最近ローカル社員と話していて「搾取」が話題になった。インドネシア語でeksploitasi 英語ではexploitation。会話の最初、彼らはインドネシア語のeksploitasiを使っていたが、僕が知らないことが分かると、英語ではexploitationですよと説明してくれた、が、情けないことに英語でもわからなかった。彼らはこのくらい知ってるでしょう。えっ知らないんですか?という表情をする。
 実は似たような会話が結構あるのだ。日頃、上司として威張っていると、こんなことでも弱みを見せるのは辛いものだ。その度に、ああ、もっと勉強しなくてはと思うのだが。。。
 しかし考えて見ると「搾取」も元々は中国からの外来語だろう。やまと言葉ではない。いや、ひょっとしたら日本で作った和製漢語かもしれないが。話は変わるが、明治時代にはたくさん入ってきた外国語を日本語(和製漢語)に換えたらしい。例えば、文化、文明、民族、思想、法律、経済、資本、階級、分配、宗教、哲学、理性、感性、意識、主観、客観、科学、物理、化学、分子、原子、質量、固体、時間、空間、理論、文学、美術、喜劇、悲劇、社会主義、共産主義など。(Wikipediaより引用
これは漢字の本家である中国にも輸出され、普通に使われるようになったものも多いらしい。考えて見れば「人民」「共和国」どちらも和製漢語である。
 ひょっとして、もし和製漢語がなかったらインドネシアと同じように外国語(英語)をそのまま使うことになったかもしれない。と言うことは、彼らと同じように難しい言葉の英語は既に知っているから、英語が早くマスターできるかな? そう簡単にはいかないだろうなあ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる