FC2ブログ

インドネシア製ケイビングスーツ

 先日、インドネシア製のケイビングスーツを入手した。Yogyakartaのカルスト会議で知り合ったケイビングクラブのメンバーが自分たちで作ったオリジナルスーツである。インドネシアの暑い洞窟でも快適に過ごせるように、防水処理の施していない化繊の生地で出来ている。多分ポリエステルだと思う。肌触りは良いので素肌の上に直接来ても大丈夫だ。膝や肘、お尻は補強のために一応、生地が二重になっているが、生地自体は薄いので摩擦にはあまり強く無いだろう。また、ポケットが沢山あることから、狭洞の匍匐とかはあまり考えていないのかもしれない。どっちかと言うと洞外での訓練、調査に向いていそうなデザインだ。
 値段はRp135,000(1300円くらい)。サイズはS、M、L、LLの4種類だ。僕の身長168cmではLがちょうど良かった。内側にインナーを着ないことを前提にしているようで、全体にスリムだ。ただ、洞内の動きを考慮して、腰周りはもうちょっと余裕があったほうがいいと思う。また、家庭の主婦が手作りで作っているので、在庫がいつでも揃っている訳ではないそうだ。
 熱帯向けケイビングスーツはあまり市販されていないので、もし興味がある人がいれば僕に連絡をして欲しい。日本からの注文にも応じてくれるそうだ。サイズを採寸して送れば、最適なサイズを選んでくれるらしい。もし既存のサイズに合うものがなければ、別途作ってくれるようだ。
 まあ、よく考えれば、インドネシアは洋服のオーダーが安くできるので、ケイビングスーツを特注で作ってもかなり安く出来るはずだ。生地さえあればヨーロッパ製のコピーもすぐに出来そうな気がするなあ。しかし、生地があるのかな?

 このスーツの製造担当者Bapak Imamは、鉱山の坑道などの測量を仕事にしており、会社はYogyakartaにあるそうだ。しかしSemarangに妻が住んでいるので、休みの日はSemarangに戻ってくるらしい。カルスト会議の日はKalimantanで仕事があったので参加できなかったそうだ。

ということでせっかく買ったスーツ、いつ使おうかなあ。それが問題だ。

2_20110215103051.jpg

1_20110215103052.jpg

スタッフバッグも付いている
R0014203_20110215103051.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ケイビングスーツぶついて

はじめまして、ブログ拝見させて頂きました。
2011/02/15にUPされておりましたインドネシア製ケイビングスーツに非常に興味を持ちました。
私は沖縄県の八重山諸島の西表島に住んでおり仕事と趣味をかねて良くケイビングに出かけますがインドネシア同様に高温多湿の西表島では通常綿のツナギでは暑くて暑くてどうしようもなくて困っていました。
私は身長180センチで体重75KなのでLL以上のサイズなのかなぁと思っています
*日本のツナギは3Lを着用しています

購入方法など教えて頂ければ助かります。

なを試しに私分を2着ほど購入し
ツナギを実際フィールドで着用してから、ツアー参加者分各サイズ6〜8着ずつの購入も考えております

こういった購入方法は今までに経験がないのでアドバイスなど頂けましたら助かります

アドベンチャーツアーサービス海歩人
代表/中川隆行(なかがわ たかゆき)

Re: ケイビングスーツぶついて

中川さん、初めまして。
コメントありがとうございます。
西表ですと、ツナギの選択に悩みますね。
綿ツナギは暑い割に強度が不足していて破れやすいのが欠点ですね。
すみません。実はインドネシアで僕が買った人の連絡先を紛失してしまった
のですぐにはコンタクトが取れない状態なのです。
ちょっと知り合い経由で探してみます。
もうちょっと待ってください。

> はじめまして、ブログ拝見させて頂きました。
> 2011/02/15にUPされておりましたインドネシア製ケイビングスーツに非常に興味を持ちました。
> 私は沖縄県の八重山諸島の西表島に住んでおり仕事と趣味をかねて良くケイビングに出かけますがインドネシア同様に高温多湿の西表島では通常綿のツナギでは暑くて暑くてどうしようもなくて困っていました。
> 私は身長180センチで体重75KなのでLL以上のサイズなのかなぁと思っています
> *日本のツナギは3Lを着用しています
>
> 購入方法など教えて頂ければ助かります。
>
> なを試しに私分を2着ほど購入し
> ツナギを実際フィールドで着用してから、ツアー参加者分各サイズ6〜8着ずつの購入も考えております
>
> こういった購入方法は今までに経験がないのでアドバイスなど頂けましたら助かります
>
> アドベンチャーツアーサービス海歩人
> 代表/中川隆行(なかがわ たかゆき)
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる