FC2ブログ

英語学習の悩み

 僕の英語学習は「英語上達マップ」を参考にして進めている。これは英語を総合的にマスターするための勉強方法を紹介しているHPで、最近ネット上で話題になっているようだ。音読パッケージや瞬間英作文などいろいろな勉強方を具体的に説明してくれているので非常に分かりやすい。しかし、なぜか発音に関してだけは勉強方法が書いてないのである。何でかなあ?僕は家庭教師に発音の悪さを指摘されて以来、どうやって直せばいいのか悩んでいるのである。
 しょうがないので、発音用の教科書(UDA式。これもネットで評判が良かった)を妻に日本で買ってきてもらい、勉強を始めた。教科書にはCDが付いているので模範発音も聞くことが出来るし、口の動かし方も説明があるので、まねをすることが出来る。毎日練習しているとそれなりに出きるようになったつもりになっていた。
 しかし、最近、恐ろしいことに気が付いたのだ。実は、耳で聞いたとおりに発音したつもりでも、そして自分の耳では確かに教科書に近い発音になっているように聞こえていても、自分の発音を録音して後から聞き直してみると全く教科書とは違っているのである。すなわち、自分がしゃべりながら自分の耳に聞こえている音は頼りにならないと言う事がわかったのだ。言い換えると、いや、正確に言うと、自分がしゃべりながら聞こえている声は、本当の声とは違うということだ。このこと自体は、自分の声を録音して聞いたことがある人はみんな知っている通り、周知の事実であるが、実は外国語の発音練習をする際、これは大きな障害になると思うのだ。なにしろ、自分の発音が正しかったどうかを、いちいち録音して確認しないといけないことはもちろん、さらに本当に正しく発音しようと思えば、実際に直接耳で聞いている声にわざと補正をかけて発音しないといけない。自分では正しいと思えない発音で話して初めて本当の発音になるということだ。
 日本語では自分はちゃんと正しい発音をしていると思っているし、いちいち補正をかけたりなんか当然していない。録音した自分の声も、変な声(自分にとって)ではあるが日本語としては問題ない。しかし、英語では、少なくとも僕は補正をしないといけないのだ。うーむ、これは大変だ。一体どうすればいいのか。
 しかし、こんな話は他に聞いたことがないなあ?これはひょっとして僕の耳特有の問題なのだろうか。。。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる