FC2ブログ

komodo島ツアーその2

 早くもレバラン休暇が終わってから、1週間たってしまったが、旅行のレポートを忘れないうちに書かなければ。
 さて、今回我々は個人でバラバラに手配するのが面倒なので旅行代理店のパックツアーに申し込んだ。Flores島までの往復エアーチケット、kimono島周遊ボート(船内で2泊)、ホテルで1泊、全部で大人一人USD495、子供はUSD331。手配の手間を考えると、まあ適当な値段だと思う。代理店の名前はCita Wisata。Baliに本店があり、Komodoなど Nusa Tenggaraのツアーを主にやっている店である。インターネットですぐに見つかるはずだ。基本的に全部交渉は英語で可能である。しかし、英語で交渉していると、それだけでちゃんとした店だと錯覚してしまいがちであり、結局、後でえらい目にあってしまったのだが。。。
 ツアーの日程は3泊4日。初日はBaliからFLores島の東の端にあるLabuan Bajoに飛行機で飛び、そこからボートに乗り、3日間ボートに乗って島々を巡りながら、ドラゴン探索や、ビーチで泳いだりするのだ。最後の晩だけ、Labuan Bajoにもどってホテルに泊まる。それまでの2泊はボート泊になる。Komodo島周辺は国立公園にしていされておりホテルなど宿泊施設の建設が規制されているため、宿泊場所がないためである。

indonesia map

komodo map2

 初日、朝7時頃ホテルにツアー会社の車が迎えに来て空港まで送ってくれる。この時なぜか、行きのチケットしかくれなかった。帰りのチケットはいつくれるのか?と聞くと、Labuan Bajoでガイドが渡しくれるはずだと言う回答。はて?と思ったが、まあ、ガイドが付いているので大丈夫だろうと、あまり気にしなかった。
 飛行機は90人乗りくらいの小型機。名前はBAe146。これは何とジェットエンジン4発である。横に3+3で前後に15列で、幅の割に前後長が短い。ちょっと寸胴な機体だ。Wikipediaによると「ブリティッシュエアロスペースが開発、製造していた4発ジェット旅客機である。比較的短距離の路線を運航するリージョナルジェットを目標に開発されたが、同規格の旅客機とは異なり低騒音と高離着陸性能(STOL)を狙ってあえて4発機としているうえに、ジェット旅客機では珍しい高翼構造を採用している。そのため短い滑走路や騒音規制の厳しい空港を発着する近距離路線を中心に就航している」そうだ。空港の小さい離島路線には最適なのだろう。

バリの空港
P1050005.jpg

 Labuan Bajoについたら、ガイドが迎えに来ていた。名前はBeni。今年高校卒業して就職したばかりのまだ1ヶ月の新米ガイドだ。しかし、英語が結構出来る。英語が出来るからガイドで雇ってもらえたそうだ。しかし、僕がインドネシア語が多少出来ることがわかると、僕には主にインドネシア語、息子には英語で話すようになった。
 港に着くと、我々が乗るボートが待っていた。ボートは長さ10m、幅2mくらいの小さな漁船のような船だ。これに船長とコックとガイド、そして我が家の2名が乗りこのだ。船首にお客用の小部屋があり、小さなベッドが4人分備え付けられている。部屋と言ってもベッドがあるだけの単なる寝床である。ベッド脇の小さな窓ガラスも割れており、入り口の戸も半分なくなっていた。うーむ、お客を乗せる観光船と言うより、老朽化した漁船だな、こりゃあ。まあ、事前にもらったパンフレットにも船は最小限の設備の小型船だと書いてあったので、あまり期待はしていなかったのだが。

ボートを船尾から見た写真。この白い壁の中に調理場がある。
P1050115.jpg

これが調理場
P1050211.jpg
P1050210.jpg

Kelor島に停泊しているボート。一番右がうちのボート
P1050062.jpg

Labuan Bajoを出発したところ
DSC_0072_20100929000454.jpg

 僕の落胆をよそに、ボートはすぐに出港して、おだやかな海を進んで行く。1時間くらい進むと最初の目的地、Kelor島についた。ここにはドラゴンはいない。きれいな浜辺があるので、ここで泳ぐのだ。


ガイドと一緒におよぐ息子。
P1050033.jpg

ちゃんとサンゴもある。まあ、インドネシアの海はどこでもあるんだけど。
P1050056.jpg

息子は箱目メガネで鑑賞する
P1050058.jpg

 
 泳ぎ疲れて、ボートに上がると昼食の用意ができていた。コックが船尾にある調理場で調理を作ってくれるのだ。何にも設備のないボートなのに結構ましな料理が出て来たので驚いた。以前泊まったBunakenの宿よりよっぽどおいしい料理である。

しかし後から写真で見ると大して美味しそうに見えない。うーむ、あの環境にいないとダメなのかも
P1050066.jpg

 昼食が終わると、Rinca島に移動する。ここはドラゴンが生息している島だ。2時間くらいかけてやっと到着。ここには集落はなく、国立公園の管理事務所とガイドの宿泊施設などがあるだけだ。ドラゴンは1000頭位いるらしいが、集団で行動する訳ではないので、なかなか出合うのが難しいらしい。事務所のそばには餌付けされたドラゴンが数匹いたが、それ以外は結局1頭しか見ることができなかった。ドラゴンは肉食であるが、島には動物が少ないので餌を得るのがなかなか難しいらしい。そのかわり1ヶ月くらいは餌なしでも平気だそうだ。

公園の事務所。相変わらずノリの良い職員
DSC_0115_20100929000453.jpg

餌付けされたドラゴン
DSC_0120.jpg

DSC_0150.jpg


これはトレッキング途中に出合ったドラゴン
DSC_0127_20100929000449.jpg

トレッキングの風景。乾燥しているのでサバンナ風。
DSC_0145_20100929000914.jpg

DSC_0139_20100929000445.jpg

左端は公園のガイド。右はツアーのガイド
DSC_0155.jpg
 
Rinca島のドラゴントレッキングは1時間で終わった。その後は、Komodo島にボートで移動する。今夜はkomodo島の岸辺、穏やかな湾内で停泊して泊まるのだ。

移動中は暇なので、船のデッキでゴロゴロする。
DSC_0106_20100929000454.jpg

これが船内のベッド
P1050074.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる