FC2ブログ

嗚呼、Kenmasterの悲劇

 インドネシアのスーパーの電気用品や工具の棚にはたいていKenmasterというブランドの製品が置いてある。いろんな種類の製品を出しているし、よく目に付くので、テーブルタップとかドライバーとか、日用品で何度かKenmasterを買ったことがある。ところがこのブランド、品質は最低なのである。テーブルタップは買ってすぐに断線したし、三つ又コンセントは接触不良で焼け焦げてしまった。(下手すると火事だ)ハンマードリル(こちらの家はレンガ作りなので壁に何か固定しようと思うと、かならずこれが必要なのだ)を買ったら付属で付いてきたドリルの刃がすぐに曲がる。ドリルはネジが切ってあるのだが、そのらせん状の溝が伸びてまっすぐになってしまうのだ。これには仰天した。ひょっとして素材は軟鉄か?
 その他、買って来るもの来るもの、ほとんどがトラブル続きなので、絶対Kenmasterは買わないぞ、と心に決めていたのだ。

 先日Carrefourで買い物していると息子が懐中電灯が欲しいというので、あまり吟味もせずに安い懐中電灯を買ってあげた。デザインは太目のマグライトといった感じの今風のLEDライトである。ちなみに値段はRp10,000(100円)くらい。ところが家に帰ってパッケージを開けて見たら、これがなんとKenmasterだったのだ。
 あちゃー!失敗した、と思いながら、電池を入れてスイッチをONしても案の定、点灯しない。大して動揺もしないで(Kenmasterに接触不良は付き物なので)電池を取り出し、電極のバネを伸ばしたり接触不良が置きそうな箇所をチェックする。最後にランプの入ったヘッドを外そうとしたら、なんかゴリゴリと変な感触だ。ネジがちゃんと切れていないのかなあ(これもKenmasterには良くある)と思いながら、取り外すと切れたOリングが出て来た。あちゃーーー、これじゃあ防水にならんぞ(マグライトはヘッドの防水用にOリングが入っている)。まあそもそもKenmasterに防水を期待していないので、このくらいでは落ち込まない。再度組みなおしたら、ちゃんと点灯した。おー、今回のは出来がいいじゃないか。マグライト風だけど水の中で使っちゃ駄目だぞと息子に渡したら、よく知らない息子は喜んでいた。
 ところが、先日息子がライトがまた点かないと言ってきた。また分解して電極をチェックすると点くようになったが、ああー、やっぱりKenmasterだ。これじゃあ、すぐにゴミ箱行きだな。
 皆さん、こんなKenmasterは絶対買わないように。テーブルタップとか下手すると火事になりますよ。

これが問題のライト。外見はまあ普通だ
DSC_0096_20100902230223.jpg

分解したヘッドから出て来たOリング
R0013428.jpg

おまけは娘の写真。たまには写真をアップしなければ。
インドネシアの地でちゃんと育っています。
DSC_0068.jpg

DSC_0018.jpg

DSC_0022.jpg

R0013409.jpg

iPadは息子に完全に取られてしまった。ドラえもんを見てご機嫌の息子
DSC_0054.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる