FC2ブログ

家族がインドネシアに帰国

土曜日に家族が日本から帰国するので、ジャカルタまで迎えに行った。まあ、普段はこんなことをすると、もったいないと妻に反対されるのだが、今回は赤ん坊もいるのでまあ良いかなと思ったのだ。ついでにエスコートサービスも頼んだ。知らない人もいると思うので説明しておくと、ジャカルタ空港には入国審査とか荷物の受け取りとか入国時の手続きを代行してくれるサービスがあるのだ。夏の観光シーズンで入国審査が混んでいるだろうと思って頼んだのだ。赤ん坊を抱っこしたまま1時間も並ぶのはしんどいだろうと。
しかし当日予定の時間になっても到着ロビーになかなか出てこない。結局1時間後くらいに出て来た。エスコートサービスは入国審査を優先で通過できると思っていたらどうも違うらしい。単に代わりに列に並んでくれるだけ。入国審査はすぐにパス出来るが、結局パスポートはサービスマンが持っているので列に並んでいる彼を待ってないといけないのだ。
うーむ、何度も日本とインドネシアを往復している妻には何の意味もないサービスだった。もうやめよう。

さて、無事入国出来たのでそのままスマラン行きの最終便に乗った。オーバーブッキングで席が無くなったのでビジネス席になるという幸運に喜び、疲れている妻の代わりに赤ん坊の娘と息子とビジネスに座った。(妻だけエコノミー)ところが出発直前に娘が暴れ出す。大声で泣き叫ぶのであるが、何時もの事なので気にしていなかったのだが、実は娘の泣き声は普通ではないのだ。思いっきり腹のそこから泣くので初めて聞く人は何事かと思うらしい。僕が一人で一生懸命あやしていたら、近くにいたおばさんが代わりに抱っこしましょうかと言ってくる。丁寧に断った後も泣き止まないのに見兼ねたのか、今度はおじさんが寄って来て、シートベルトを外していいから、立ってあやしたらとアドバイスしてくれる。それでも止まないので、オジサン代わりに抱っこしようと言い出す。機内もどうしたのあの赤ちゃんとみんな気にし始めた。
飛行機はもう飛び立つ直前だし、こりゃあダメだと判断した妻が席を替わろうと助けに来てくれた。妻があやすとあっという間に泣き止んだ。そして飛行機は無事飛び立った。
あー、妻にはかなわんな。挫折感だけが深く残った。
しかしインドネシア人は子供好きだ。皆んなで助けようとしてくれる。彼らの親切さを改めて感じた出来事だった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

・・・挫折感・・・・
大丈夫大丈夫!まだまだいけますよ!
家の娘は、ママよりパパの方が?個だけ多めに好きなのだそうです、

たとえるなら
ママの事が
100,000,000個すきだったら
パパの事は
100,000,001個好きなんだそうです。

これは一応ママに気遣っての数字なので
実際はパパの方が大好きなんですよ。

Re: タイトルなし

慰めて頂いてどうもありがとうございます。
しかし、母は偉大ですよ。やはり。。。

> ・・・挫折感・・・・
> 大丈夫大丈夫!まだまだいけますよ!
> 家の娘は、ママよりパパの方が�個だけ多めに好きなのだそうです、
>
> たとえるなら
> ママの事が
> 100,000,000個すきだったら
> パパの事は
> 100,000,001個好きなんだそうです。
>
> これは一応ママに気遣っての数字なので
> 実際はパパの方が大好きなんですよ。
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる