FC2ブログ

中国製品の進出

 今週末は家族もいないし、のんびりと日本で買って来た「週刊ダイヤモンド」を読んでいた。内容は中国特集だった。家電とかは中国国内のシェアは中国メーカーが上位を抑えとるそうな。すごいねえと思いながら、我が家の家電を思い出すと、実は中国製が増えているのだ。
 例えばエアコン。家に最初から付いていたのは中国のChanghong(長虹)というメーカーの製品なのだが、3月に赤ん坊が産まれたので、赤ちゃんの部屋にエアコンを追加しようと思って業者に見積もりを出すと、Changhongが一番安い。PanasonicやSamsung、LGも選択肢にあったのだが、今使っているChanghongで機能的にも十分だし故障もしないので、結局価格優先でChanghongにした。
 次はテレビ。メイド用のテレビが壊れてしまったので、新しいのを買いに店に行って店員に安くていいテレビはないかと尋ねたら、TCLという中国メーカーのテレビを勧めてくれた。聞いた事ないなあ。大丈夫か?と思いながら店で映り具合を見ても別に問題はない。結局ほかの日系、韓系メーカーより安いので、TCLにした。これも今のところ問題なく映っている。ちなみに週刊ダイヤモンドの記事によるとTCLはテレビの世界シェアは6位(6.5%)、5位はSharp(6.7%)、9位がPanasonic(4.4%)。ということで生産台数で規模で言えば世界有数のメーカーなのだ。エアコンのChanghongも家電メーカーの上位にランクされている。

 このように日本人の僕でも価格でついつい中国メーカーを選んでしまうくらいなので、アジア(特に中国)の現地の人が中国メーカーを選択するのは至極当然のことだろう。特に性能の差が出にくい家電、デジタル製品はその傾向が強いと思う。日本はいまだにもの作りなら負けない、いや日本の生きる道はものづくりと言っている人が多いが、そろそろ本気で考え直さないといけない時期に来ている気がするなあ。

 いや、そもそも日本対中国とか、国単位で物事を考える事がすでに時代遅れかも知れない。自分に技術があれば別に日本メーカーで働く必要もなく、例えば中国メーカーで働けば良い訳であり、新卒の学生も将来性を考えて海外の会社に就職しても良い訳だ。日系のメーカーも外国人の本社採用を増やしているところが増えて来ているし、時代の流れは確実に国の枠を取り払う方向になっているような気がする。逆説的には、いままでは日本人に産まれたと言うだけである程度の生活レベルが保証された時代だったが、これからはそういうわけにはいかなくなる。個人としての能力が問われる時代になってきたと言う事ですね。

 じゃあ、そんな時代に対して、お前はどうなんだと問われれば、全く自信がない。せいぜい言える事は、どんな環境に追い込まれても、たとえベチャの運転手になったとしても(本音で言えばベチャの運転手に実は興味はあるのだが)なんとか生きていける自信があるくらいかなあ。

ベチャの写真。ジャカルタなど大都市では見られなくなったベチャもスマランではまだ健在。
しかしスマランでも自動車、バイクの普及に伴い減少傾向にある。近い将来いなくなってしまうだろう。

DSC_0060.jpg

DSC_0057.jpg

DSC_0062.jpg

DSC_0066_20100805080611.jpg

DSC_0073_20100805080610.jpg

DSC_0078.jpg

DSC_0086_20100805080609.jpg

DSC_0106.jpg

DSC_0017_20100805080426.jpg

DSC_0021_20100805080426.jpg

DSC_0032_20100805080425.jpg

DSC_0050_20100805080425.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ベチャの運転手は勘弁してください。

あははははは、
先日javamoll付近でオートバイベチャを見ましたよ
ベチャの世界も進歩して行くのではないでしょうか?
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる