FC2ブログ

ひょっとして手足口病?

先日は薬の副作用じゃないかと書いたが、その後の経過から手足口病の可能性が高くなって来た。しかし、病院の検査では結局病名は明らかにされなかったので、ほんとうのところは不明である。大人が手足口病になった時の症例はあまり見られないので、参考までに全ての経緯をここに記録しておこうと思う。

第1日目 4月26日(月)
息子が学校で熱を出した。家に帰って測ると39.6℃あった。解熱剤でいったん下がったが、夜になって再び熱が出て来たので、病院で診察を受けた。たぶん風邪だろうと言われて薬をもらって帰った。

第2日目 4月27日(火)
 朝、息子の熱は下がっていたが、念のため学校は休んだ。一日中家で遊んでいたが元気だった。すでに回復したと思われる。

第3日目 4月28日(水)
 日本から親戚(妻の母と僕の妹)が遊びに来るので、出迎えに僕だけがデンパサールに向かった。深夜到着なので、一泊しなければならない。

第4日目 4月29日(木)
 デンパサールからジャカルタ経由でスマランに飛行機で向かった。機内で異様な寒気を感じ始めた。熱が出て来たようだ。喉の痛みもある。僕が機内で熱が出始めた頃、スマランで待機していた妻も熱が出始めたようだ。スマランに到着後、熱を測ると僕は38.5℃。妻は39.6℃。二人とも喉がかなり痛い。解熱剤を飲んでダウン。

第5日目 4月30日(金)
 僕は朝には熱が下がっていたので会社に出かけた。しかしすぐにまた熱が出て来た。37.5℃。結局会社は早引きをして家で寝ていた。妻は熱が断続的に出て、高い時は39℃くらいに上がるらしい。二人とも喉が異様に痛い。通常の風邪とは思われない。口の中をのぞいてみると、扁桃腺が腫れているようだ、扁桃腺炎の可能性が高いのではと思った。

第6日目 5月1日(土)
 熱は下がったが、頭痛が激しく体調は悪い。僕と妻は病院に行くことにした。ここでも病名の判定ははっきりしない。2日間薬を出すので様子を見てくれとの事。僕は午前中会社で仕事をしてすぐに帰った。体調が悪いので、申し訳ないが、日本からのお客の相手は全く出来ない。
 娘の理沙も微熱があるようだ。一家4人全員が感染した可能性が出て来た。しかし、病名は不明である。僕は朝から手の指先がジンジンするようになってきた。霜焼けの初期段階で凍えていた指先に暖かくなって血液が再度回り始めた時のような、ジンジンした感じである。これが夕方になると足の裏も同じような感じになって来た。夜になると熱はほぼ下がったが、目が冴えて全く眠れない。手足がジンジンして神経を刺激しているせいかもしれない。結局、朝まで一睡も出来なかった。
 眠れないのでインターネットで色々調べるうちに、これはステロイドの副作用じゃないかと思い始めた。

第7日目 5月2日(日)
 手足のジンジンがますます激しくなってきた。特に足の裏、踵が真っ赤に腫れ上がり、熱も持っており、ちょっと触るだけでもかなり痛い。もちろん歩く事もできない。痛みは夜がピークだった。足の裏がシーツに当たるだけでも痛いので、昨日の晩は徹夜だったにも関わらず、眠る事が出来ない。妹が足の裏にお灸をしてくれて少し楽になる。結局、朝まで断続的な睡眠だった。
 ひとり元気な息子、航太郎の足の裏に赤い発疹が少しあるのに気が付いた。理沙の足にも少し出ている。これはひょっとして手足口病ではないだろうか。実は息子の友達も1週間前に手足口病になったらしいのだ。

第8日目 5月3日(月)
 症状がひどい僕だけ病院に行って再検査を受けた。血液検査の結果は問題なし。医者も病名はわからないが大した事はないだろう、薬を出すので3日間家で休むようにということだった。息子も、同じような症状でたぶん息子からうつったと思うと説明したが、医者の判断は変らず。ひょっとして手足口病のことは知らないのか? 血液検査の結果は、大丈夫だから気にするなと言うだけ。どうもこちらの医者は生死に関わるような病気でなければ、あまり気にしないようである。
 僕は相変わらず手足のジンジンは続いていた。家の中での移動もしんどいので、ほとんど寝て過ごすだけである。

足の炎症の状態。手で触ると非常に熱い。ジンジンとしており、ちょっとでも触ると飛び上がるくらい痛い。
P1030725.jpg

手の指先も同様だ。
P1030726.jpg
P1030744.jpg


第9日目 5月4日(火)
 親戚がジョクジャ発デンパサール経由で日本に帰るので、ジョグジャまで送りに行く。Borobudur遺跡に寄るが僕は歩けないので車で待機。夕方ジョグジャの空港でお別れ。夜中に帰宅した頃から、ジンジンが止まり少し歩くのが楽になって来た。夜も久しぶりに熟睡できた。

色が少し赤みを増して来た。ジンジンも止まった。
R0012719.jpg

昨日までは全体が痛かったが、今日は痛みの箇所が減って来た
a11.jpg

指先も真っ赤
R0012706.jpg

P1030755.jpg

P1030760.jpg

第10日目 5月5日(水)
ジンジンが完全に止まった。痛みはまだ残っているが、ゆっくり歩く分には全く問題ない。明日から会社に行けそうだ。

さらに赤くなった。ほとんど痛くないが、表面の皮がカチカチに硬くなった。触ると気持ち悪い
R0012736.jpg

白い水泡状の箇所もある
R0012748.jpg


ここまでの経緯を整理してみると、やはり息子がもらって来た手足口病が家族全員に感染した可能性が高いと思う。

手足口病の特徴
・10歳以下の子供に多い
・最初に高熱(39℃くらい)が出る
・熱が下がると、口内炎、手足に発疹(水膨れ状)がでる
・飛沫感染による伝染性あり(通常の風邪ていど)
・原因はウイルス
・薬はない。対処療法のみ

我が家の場合、口内炎が出なくて、代わりに喉の痛みが出た。それ以外の症状は手足口病によく似ている。
感染順番 息子→妻・自分→娘 という感じである。
症状の重さは 自分>妻>息子>娘 と年齢が高い程、症状が重くなっている。

 大人の感染例はインターネットにもあまり出ていないが、足の炎症がひどくなることがあると書かれていた。多分僕はそれに当たるのだろう。しかし歩けなくなるとは。。。これは本当に手足口病だったのだろうか。いまだ疑問は残るが、一番症状の重かった僕もすでに回復に向かっているので、まあ良しとしよう。あとは、日本に帰った家族たちが発症しない事を祈るのみである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大人の場合

うーん赤いのが大きめですねー、
かかとがすごいですねー。
でも出ている場所から考えても
手足口病ですよねー、うん

しかし通常、幼稚園で流行っていても
おたふくや水疱瘡は移る先生がいますが。
手足口病は移った事を聞いた事がないから
この感染力の強さは
もしかしてリバースを浴びたからかも・・・

とんまの家の大将は移っていないから、
と言っても最初の熱を出した日半日しか一緒にいなかったからねー
でもまだまだ移る期間でもあるから
移る可能性もまだあるからねー

運転手さんお手伝いさんにも移っていないですよねー
うん。(済かもしれない可能性が高いけどね)

いや本当に親戚の皆さんにも移っていない事を祈るばかりです。
こちらはおそらく済じゃないと思います。

いやいや、発熱中に移るとすると、飛行機の中の密室は・・・・
大人は大丈夫、なんてね。

しかしインドネシアのこの地区の?医療って・・・・・

手足口病も、溶連菌も合併症になったら
入院なんですけれどもねー、一応

昔、大将が移った通常子供がなるあの病気はなんだったかなー?
手足口病だったか?リンゴ病だったか?
リンゴ病は大人子供関係なかったかな?
じゃー手足口病だったかな?
医者に行って来て病名聞いて「えー全然症状がちがうのにー!?」
と思った事が記憶に残っているが・・・
それは溶連菌でない事は確かです。
今回溶連菌の話をして
「何?その養老年金みたいな名前の病気は」
と言っていましたから。
と言う事は、リンゴ病じゃないの?と言って
受信して手足口病だったんかな?
蕁麻疹みたいだと言っていたかな?

腕が赤く腫れていた記憶しかない。

我が家の子供からだったか
間接的に私がウイルスを運んだったかも忘れてしまった。

あれも写真に撮っておいて記録にしておけば良かったですねー
記憶に残ってないですから。(本人も)

日本帰国

家族の者です。
本日も発症せずしっかりお仕事出来ましたので感染はどうやらしていないようです。
しかし、改めて写真を見ると酷いですね~。
そりゃ~歩けんわ。
また経過の写真あったらブログに載せて下さいね。

おげんきそうで

よかったよかった。
無事に帰国!お仕事にも行けて。
潜伏期間はクリアしたかな?
3日から6日ですから。

しかし日経新聞によると、
日本でも手足口病が流行っているそうなので。

大人の方も気をつけないとね。
でもどのように?
手洗いうがいらしいですけれども。
うーん・・・

潜伏期間

潜伏期間は6日もあるんですかぁ。。。。
て、ことはまだ油断ならんですな。
身体が負けてしまわないように「免疫くん頑張れ!」
ですね。
免疫機能が落ちないように身体を冷やさないように
しますね。
ありがとうございました。

Re: 潜伏期間

日本の皆さんは発症しなかったみたいですね。
よかったよかった。

そう言えば、熱を出して泣いていた息子を抱きかかえた時、ちょうど吐いて、もろにかかったんじゃよね。ウイルスまみれの嘔吐物だった訳なので、あれがまずかったのかね。

リバース

ノロウィルスなら感染は免れないケースですからね
ははは、
体内から出された物ですから

でもアスリ君に移っていないからアスリ君は済確定ですね。
この病名知っている?って聞いてみてください。知らないか?
マッサージして治している方ですかね?

我が家のエースドライバーは
熱が出た時は「熱いオレンジ」って言っていたな・・・・

とはいえノロやロタのリバースやおむつを替えていても
とんまは移った事がないです。
これは多分免疫はできないタイプだと思うのですが。

溶連菌感染症は昔のしょうこう熱だそうです。
手足がパンパンに腫れるものでは川崎病もあるそうです。
手足口病は夏風邪の一種だそうです。

今息子のおでこと首に小さな発疹が出ていてかゆいと言っているのは
あせもだと思うのですが
風疹も顔と首に発疹が出るらしい。
息子はワクチン半分しか接種していないから
出る可能性がありますなー

風疹はお医者さん病名言ってくれるんじゃろうか?


Re: リバース

会社のローカルスタッフに症状を言ったところ、病名はGabakenじゃないかと言ってました。
手足口病に似た症状の病気はみんな知っているみたいです。小さい子供がいるお母さんが従業員には多いのです。大人がかかったのはほとんど聞いた事がないと言う話。だから僕がGabakenとは思わなかったらしいです。

病名は

gabaken ですか!
拙者の辞書には載っていないですなー・・・・
覚えておかないとね!
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる