FC2ブログ

育児休暇のこと

 最近ニュースを見ていて気になったことがある。それは日本男性の育児休暇取得率についての報道だ。それによると2008年の取得率は男性は1.23%、女性は90.6%。ニュースの趣旨は相変わらず日本男性の取得率は低い。どうやったら向上させることが出来るか。といった内容だった。
 実は僕は長男が生まれたときに、会社に育児休暇の取得を申請したことがある。数ヶ月の短期間の申請であるが、せっかくの機会なのだから育児をフルタイムで経験してみようと思ったのだ。しかし、取得条件の一つに「配偶者が常態として、子供の養育が可能でないこと」言い換えると、配偶者が定職を持っていることという条件があり、我が家は妻が専業主婦だったので、取得が認められなかったのだ。
 まさかこんな条件があるとは思っていなかったので、ショックを受けた。なんとおせっかいなんだろう。育児休暇を取って無給になっては育児どころではないでしょう。どちらかが定職がないとしんどいでしょう。そういう人は取得はやめておいた方がいいですよ、という意図(親切?)なのだろう。いらんお世話だと思った。経済的にはしんどくなるのを承知で取得したいのだ。個人の自由ではないか。日本の法律・規則にはこういう類のものがたくさんある。基本的には、国民を馬鹿にしているのだろう。いや、本音では育児休暇を取って欲しくないんだな。きっと。

 まあ、この時は日本政府に向けた怒りで治まったのだが、先日のニュースを見ていてふと疑問が生じた。乳幼児がいる共働きの夫婦ってどのくらいいるんだろうか? 男性取得率1.23%という数字は、取得可能対象者に対する割合だよな。まさか、専業主婦まで含めた数字ではないよなと。だったらやっぱり取得率は低いよなあ。しかし、専業主婦がいる家庭は育児休暇が取得できないことを、なぜニュースでは説明しないのだろうか。僕のように勘違いしている人も多いはずだと。
 それで国の育児休暇を改めて調べてみた。そしたら、なんと「取得する者の男女は問わない。家族などで事実上、子の世話が可能な者がいても、それに関係なく取得は可能である。」と書いてあるではないか(引用:wikipedia)ひょっとして専業主婦がいるとダメというのはうちの会社だけ?

ええー、まさかぁ うそぉ? ほんまに? 信じられん! Unbelievable! あっ、あっ、あのお方の、あの発言はいったい。。。。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

育児休暇について考える

育児休暇は、各会社で、行き届いている所と、全く遅れている所と
それぞれなんですよ。女子でも取りたいのに取れない人もいるのです。

大企業だと、かなり前から、5年取れたりもするらしい事をききました
(◯anonだったかな?)

銀行員の場合、育児休暇は取れるけれども、復帰したら遠い県外に転属が決まってしまい。やむなくやめる形になる事が多いそうです。
(女子ですよ)最近は解らないですけど5年くらい前まではそれで普通だったようです。

去年9月に子供を産んだ妹の会社は、保育園でありながら育児休暇を給料半分を、国からもらいながら取ったのは彼女が初めてだったそうです。2009年ですよ!産休すら初めてだったらしいです。
(子供を産んだら母は家庭にいて欲しいと言うボスの願いからのようです)

それは私立なので、園長の一言や顔の表情で決まるのです。
空気が読めると損です。

逆に市立の保育園ですと。取りなさい、何ヶ月にする?
とか。(市役所等は社会福祉科等は柔軟らしい感じです、部署によっても違うらしい)
週休2日の取り入れも、国の決まりだから、と言う事で、
20年くらい前からガンガン休んでいます。月曜と土曜は人手不足になっても・・・

男性で育児休暇を取った人が出した本を読んだ事が有りますが、
面白かったです、もちろん公務員さんです。奥さんも公務員さんで
仕事を続けた話で、
やはり、働いていた奥さんは子供の言おうとする事が解らなく、
主夫の特権を味わえたらしいですよ。

題名を忘れてしまいましたねー
思い出したら連絡します。

とんまはこの話は食いつきますよー
しかしついにその本は大将には読んで貰えなかったんですよー

とんまの理想は5年ずつフレックスで休めるのが良いのではないかと
月代わりとかね、
1年は短いですよ、1年過ぎてからが面白くなりますからねー子供は

Re: 育児休暇について考える

とんまさん

食いついて頂いてどうもありがとうございます^_^

うーむ、なんて言うんでしょうね。
育児休暇について言えば、見事に建前と本音が出ていますよね。
「規則では決まってるけど、実際誰も取ってないでしょう?」
「本当に取れると思うの? 回りの雰囲気を、空気を読みなさいよ。」
ということですよね。
まったく嫌になりますね。僕は、日本の自然も食べ物も酒も大好きですが、
「空気を読まなければいけない」日本社会のこれは大嫌いです。
良い、悪いが問題じゃなくて、まわりに合わせることが大事ということです。
いい方向に向かえばいいけど、ちょっと間違うと、先の戦争のように
大変な過ちを犯すことになる。ああ、ぞっとしますね。

外国の面白いジョークがあります。
人を何か新しいことに挑戦させようとする時に、何て言って挑発するか。
アメリカ人の場合、「それをやると君はヒーローになれるぞ」
イギリス人の場合、「紳士ならそれをやりますよ」
ドイツ人の場合、「それをやることは規則で決まっています」
日本人の場合、もうわかりましたね。
「みんなやってますよ」です。ハハハハハハハハハハハハハハ

空気を読むこと。みんなに合わせることがそんなに大事なんでしょうか。
実は、会社でも僕は完全に浮いていると思います。ひとり変ったことをしています。
日本にいるときも、インドネシアに来てもそうですね。
でも、幸せです。みんなに合わせる必要がないから。

ちょっと脱線してしまいましたが、男性の育児休暇がほんとうに普及する日がいつか来るのでしょうか。わかりませんが、ある程度取る人が増えたら、急速に広がるかも知れませんね。
なぜなら、みんな取っているからです^_^
もし、そうなったら絶対に僕は取りたくないですね。僕はたんなる変人?




> 育児休暇は、各会社で、行き届いている所と、全く遅れている所と
> それぞれなんですよ。女子でも取りたいのに取れない人もいるのです。
>
> 大企業だと、かなり前から、5年取れたりもするらしい事をききました
> (◯anonだったかな?)
>
> 銀行員の場合、育児休暇は取れるけれども、復帰したら遠い県外に転属が決まってしまい。やむなくやめる形になる事が多いそうです。
> (女子ですよ)最近は解らないですけど5年くらい前まではそれで普通だったようです。
>
> 去年9月に子供を産んだ妹の会社は、保育園でありながら育児休暇を給料半分を、国からもらいながら取ったのは彼女が初めてだったそうです。2009年ですよ!産休すら初めてだったらしいです。
> (子供を産んだら母は家庭にいて欲しいと言うボスの願いからのようです)
>
> それは私立なので、園長の一言や顔の表情で決まるのです。
> 空気が読めると損です。
>
> 逆に市立の保育園ですと。取りなさい、何ヶ月にする?
> とか。(市役所等は社会福祉科等は柔軟らしい感じです、部署によっても違うらしい)
> 週休2日の取り入れも、国の決まりだから、と言う事で、
> 20年くらい前からガンガン休んでいます。月曜と土曜は人手不足になっても・・・
>
> 男性で育児休暇を取った人が出した本を読んだ事が有りますが、
> 面白かったです、もちろん公務員さんです。奥さんも公務員さんで
> 仕事を続けた話で、
> やはり、働いていた奥さんは子供の言おうとする事が解らなく、
> 主夫の特権を味わえたらしいですよ。
>
> 題名を忘れてしまいましたねー
> 思い出したら連絡します。
>
> とんまはこの話は食いつきますよー
> しかしついにその本は大将には読んで貰えなかったんですよー
>
> とんまの理想は5年ずつフレックスで休めるのが良いのではないかと
> 月代わりとかね、
> 1年は短いですよ、1年過ぎてからが面白くなりますからねー子供は

みんなみんな

アメリカは「ヒーロー」日本は「みんな」 はどこかで聞いた事が
ありますねー。

親は、子供に、「みんなそうでしょー!」
って言うけど子供が「みんなもっているから買って」
と言っても「人は人、うちはうち!」
って断るのですよね
「みんなって誰だ?何人だ?」ってね。

そもそも何パーセント育休取ってる、って数字を出す事が
そんな社会にしているのでは?
どうせ出すなら国が育休を認めているのだから
嘘でもいいから50%とか表示するってのはどうですかね?
目標80%!とか、いやいや目標100%
そもそも100%で予算は組まれていないと思いますけどね。

本の題名は
「経産省の山田課長補佐ただいま育休中」
と言う本です。
霞ヶ関で働いていた人です。じゃない、働いている人

育休を取るにあったって
男性から
「良いリフレッシュになっていいなー」
と勘違いメッセージをもらった、

まだまだ男性はわかっていない的な部分が
ちらほら、(子供がいても)出てきます。

この本は上司達全員に読ませるべきです!
読んでも気持ちは変わらない人もいるでしょうけれどもねー。
上司達ってもう育児終了しちゃってわすれていますしねー

休暇ってのは、上司からどんどん
「休みなさい」と言わないといけない国なんですよ日本は、

そう言う自分も働いていた時は
熱が出てても、バイクで転んでも出勤していましたけれどもねー。
「帰れ」って言われないと帰りませんでしたよ、ははは

たしか有給休暇も本当は残してはいけないから
取れる時に順番に予定を立てて休みなさい!
ってカレンダーがまわって来た職場もありました、
(たぶん監査で何か言われたんでしょう)

予定ってのは遊ぶ予定ではなくて、
他の人たちへの負担がひどくならい様にこの部署からは
この日1人で何処の人がカバーするか、って言う予定です。

でもそのくらい強制しないとみんな有給は使わないのです。

pahoehoeさんが上司になったら
是非!年度始めにカレンダーを回して
有給消化の予定を組んでもらってください
「わしはここで休むからそれ以外にしろ!ここは忙しいから外しなさい。」
と先に予定を建てるとみなさん取りやすいでしょう。
そんな上司になってください。(願)
それじゃー遅いのか・・・

ちなみに去年我が家がバリに行った時は、
「土曜休みを取って行けばいいじゃないですか」
と1人言ってくれた方がいたから、行けたのです。
誰か言ってあげないとだめなんです。(妻じゃぁ、だめなんです)

今、日本は経済的に厳しく
残業減らしたりしているくらいだから
有給も消化させてそうゆう雰囲気を作るべきですよ。
今がチャンスです!
本当はみんな休みたいはずです!
休みの予定が先で遊ぶ計画の国なんです!

ゴールデンウィークを地方でずらす前に!

ちなみに富山は
「ゴールデンウィークっちゃぁ、田植えやすみけ?」
と思っていた人たちばかりです。
兼業農家は休みの日も働いてるんっす!

ところで有給と病欠って別ですよね?
会社によって違うかも、

インドネシアは休んだり遅刻したりが多いから
皆勤手当があるとか聞いたりもしましたが
「タイムカードだと偽装するから指紋にした」ってね。

そういえば、日本でサマータイムを導入するって言う話は
消えてしまったんですかねー?エコなのに

ん?旦那の会社の勤続10年のリフレッシュ休暇っていつだ?
まだたっけ?勤続10年じゃなかったかな?いや10年は過ぎているなー
15年か?はて?

Re: みんなみんな

とんまさん

>> そもそも何パーセント育休取ってる、って数字を出す事が
> そんな社会にしているのでは?
> どうせ出すなら国が育休を認めているのだから
> 嘘でもいいから50%とか表示するってのはどうですかね?
> 目標80%!とか、いやいや目標100%
> そもそも100%で予算は組まれていないと思いますけどね。

なるほど
とんまさん、いいところを付きますね。
みんなの情報が入らなければ、いくらみんなを気にする日本人でも知らなければ合わせようがないですからね。そうするとみんな自分で判断するしかない。で、実際に育児休暇を取りたい人も、仕事も調整が付けば、みんなを気にすることなく休めるわけです。
ようするにマスコミも悪いんですよ。伝える必要もない情報をどんどん流す。男性が1.2%しか取っていないと知ったら、普通の日本人の上司は許可を出すのに躊躇しますよね。本当は人のことなんかどうでもいいのに。全然関係ないのに。数字が一人歩きして、みんなに圧力を
かける。他人のことを気にしすぎる日本人は情報社会に向いていない人種ですね。


> 休暇ってのは、上司からどんどん
> 「休みなさい」と言わないといけない国なんですよ日本は、

たしかに。
日本にいた頃は、定時退社日とか、年間有休目標とか設定して会社は推奨してましたね。
しかし、その目標日数の低さにはあきれてしまいます。あまりに恥ずかしいので公開できません。そして当然のように規定内であっても、他の人より取りすぎてはいけないんですね。やっぱり。
馬鹿じゃなかろうか。と思ってますよ。有休は取りたい人が取ればいいのであって、会社は推奨する必要はいっさい無いし、逆に取りたい人がいれば干渉しない。それが本当の大人の社会だと思うのですが。「君は甘い。現実はね・・・」と言って、世の中のことをさも知った風に言って来る人達。他人に合わせるしかできんで、他人の目を気にして生きて、どこが自立した大人じゃ!

嗚呼、失礼、ちょっと興奮してしまいました。
こと休みのことになると僕はいくらでも書きますよ。

> ちなみに去年我が家がバリに行った時は、
> 「土曜休みを取って行けばいいじゃないですか」
> と1人言ってくれた方がいたから、行けたのです。
> 誰か言ってあげないとだめなんです。(妻じゃぁ、だめなんです)

うちは逆に妻の方があまり休まん方がいいよと言います。
休みのことで会社とぶつかってやめることにでも成ったら家族は困りますからね。
休みを取りたくてうずうずしているのです。
なにしろインドネシアに住んでいるんですからね。会社と家の往復で終わるなんてもったいないです。
えっ? 土日だけでも結構遊べるでしょうって?
いやいや、だからここはインドネシアなんです。広いんですね。ジャワ島以外に行こうと思ったら、土日ではどこにも行けません。おまけに交通手段は発達していないから、有休は日本以上に必要だなあ^_^

個性的な

有給消化に目標日数があるなんて
おかしな話ですねー。

そうかー
もしリストラなんて話になったら、あいつは良く休むから
あいつから切ろうと言う事になりかねない、って事ですねー。

本来リストラも、高給取りの仕事はしていない頭の堅い上の人間から切った方が会社のためなんでしょうけどねー

切る側の立場だから自分は切らないですからねー。
でもかいはつさんって変わり者が多いのではないのですか?
大将の会社の人は変人の域に達している人もいるみたいですよ。

ここだけの話、とんまにとっては
「変わってるねー」
と言われるのは褒め言葉です。

息子の名前につけた「彪」と言う漢字は
個性的な子になると言う意味が付いています。

車を買う時も何台か候補を挙げて
その中で一番出回っていない車種
を選んで購入、後で出回りだして舌打ちしていました。

でも残念な事に日本は多数決主義の
マスコミに踊らされる
国民性らしいです。
(ニコニコ動画郵便貯金預け入れ限度額の引き上げについての
 小泉くんと亀井君の戦いより、抜粋)

そうですねー、とんまも、
せっかくだから
蛍の集まる木を見に行きたいですねー
あー遠い目になってる語り口調です。

Re: 個性的な

> ここだけの話、とんまにとっては
> 「変わってるねー」
> と言われるのは褒め言葉です。
>
> 息子の名前につけた「彪」と言う漢字は
> 個性的な子になると言う意味が付いています。
>
> 車を買う時も何台か候補を挙げて
> その中で一番出回っていない車種
> を選んで購入、後で出回りだして舌打ちしていました。

 なるほどねえ。変わっている人と言うのは、なかなか面白い人が多いですからね。僕も褒め言葉だと思いますよ。
 正直なところ、自分はあまり変っているとは思わないんですが、やっていることは変っているかも知れませんね。こんな生き方は学生時代、主に探検部の活動を通じて作られてしまいましたね。いや、今思えば小学生の頃から変っていましたね。実は小学生の頃、ふんどしが大好きで、自分でさらしを買って来てふんどしの締め方をオヤジに教えてもらって、ふんどしをして学校に通っていました。今にして思えば、親も何も言わずによく見守ってくれたなと感謝してますよ。絶対、変な子だと心配していたと思いますよ。

 個性を伸ばすってよく言いますが、個性には悪い個性、変な個性もいっぱいあるんです。個性とは単なる平均からのバラツキのことですからね。個性を伸ばすと言うのは、それらも含めて認めると言うことですね。親は大変だと思いますよ。覚悟がいりますね。個性を伸ばした結果、アホに成ったり、悪人に成る可能性もある訳ですから。

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる