FC2ブログ

息子の言葉

最近、息子の英語がかなり上達してきたようだ。学校の友達とも英語でちゃんと意思の疎通が取れているらしい。同級生に日本人の子供もいるけど、学校ではその子と話す時も英語らしい。
ええ! 一瞬アメリカに移住した日系1世のような寂しい気持ちがした。このまま行けば、この子は日本人じゃなくなる。

最近はお父さんの知らない単語も覚えているようだ。インドネシア語でもそうだったけど、
父「良い香りがするって、インドネシア語で何て言うんだっけ?」
子「wangi(ワンギ)だよ」
という感じ。
このまま成長してくれたら、歩く辞書、いや通訳として使えるなあと、ちょっと寂しいけど便利で嬉しいかも。

しかし、日本語はたぶん日本にいる同年代の子よりは劣っているだろうなと思う。たまに一時帰国して戻ってくると、せいぜい1ヶ月くらいしか日本に滞在していなかったのに日本語が流暢になっているのに驚く。完全なバイリンガルに育つには、子供にとって相当な努力が必要らしいけど、本当にそう思う。
まだ幼稚園なので真剣に考えたことはないけど、小学生、中学生までこっちにいることになると、日本語の教育をどうするのかが問題だ。まあ、これはあくまで日本語を母語として育てることが前提の話だが。今のご時世、別に日本人として生きる必要もない様な気がするなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる