FC2ブログ

インドネシアの観光

今日はインドネシアの典型的なWisata(観光地)を紹介しよう。
それは釣堀+食堂+プール+etcだ。こうして項目だけを、特に日本語で列挙すると、日本の場末の食堂や小汚い釣堀を連想して、まったく魅力的に感じないが、実際は南国のリゾート風にデザインされたちょっと雰囲気の良いところが多く、家族連れで訪れて半日か1日過ごすには丁度いい遊び場だ。

釣堀と食事がメインのWisata

 スマラン市内から30分くらいの小高い丘(Gunung Pati)にあるWisataだ。名前はPemaccingan NGREMBEL。ここには会社の従業員たちの慰労会があったので行った。ここは食事+釣堀+プールの基本施設のほかに、4輪バギーやちょっとした公園がある。蛇と一緒の写真も撮ってくれるコーナーもある。蛇写真はTシャツやバッジにその場でプリントしてくれる。こういったサービスの普及は日本とあまり違いはない。釣堀で釣れるのは、Grami等の淡水魚だ。ここの魚は飢えているのか、すぐに食いついて来る。ただし合わせるのにコツがあるのか、すぐに餌をとられてしまう。地元に人は大漁なのに僕はいつも餌をとられるだけ。。。

P1010374.jpg

P1010382.jpg

東屋で食事
P1010366.jpg

メニューは焼き魚と揚げ魚が中心。手で食べるのが基本。
P1010362.jpg

鹿もいる
P1010340.jpg

P1010339.jpg

P1010342.jpg

ヘビと一緒に写真を撮るサービス
R0010454.jpg

食事と小川がメインのWisata
スマランから南に60kmくらいのところにある。Eko Wisata Taman Air。ここは食事+プール+ボート遊び+ミニゴルフ+小川などであるが、我が家のお勧めは小川遊びだ。インドネシアは廃水処理が遅れており郊外でも汚れた川が多いが、ここの小川は結構きれいで気持ちよく遊ぶことが出来る。

東屋のとなりに小川が流れている。
小魚や貝がたくさんいる。手掴かみで捕ることも出来る。
P1000472.jpg

P1000456.jpg

P1000487.jpg

食事はどこも似たようなもの。最近飽きてきた。
P1000477.jpg

小魚が入った池に足を入れて魚に皮膚のアカを捕るってもらうのか、よく分からないけど。
シンガポールにも同じサービスがあった。
P1000442.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる