FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、乾杯が...

 ここスマランにも日本人会があり、今年度は僕が事務局長を務めていたのだが、先週末に日本人会の年次総会が開催された。事務局長の任期の最後の大仕事が年次総会だ。それも終わったので、これでやっと事務局の仕事から開放された。いやあ、いろいろ面倒なことがあって大変だったけど、勉強にもなったなあ。
 実は、総会で一番大変だったのは、懇親会の乾杯なのである。出席者70数名の皆さんに乾杯用のドリンクが行き渡るまで、なんと20分もかかってしまった。事前に飲料オーダーをかけて、乾杯の時間も連絡していたというのに。段取りとしては、総会が終わった後に10分間の休憩があり、その後、乾杯、懇親会という流れで、その休憩中にドリンクを配るはずだったのだが、なかなか出てこない。ビールはすぐに出てきたが、ボトルからいちいちグラスに注ごうとするので時間がかかってしょうがない(いわゆるインドネシア式のサービス)、テーブルに置くだけでいいからとすぐに指示をする。しかし他のドリンクが出てこない。ビールは乾杯時に大量に必要だから、会場にクーラーボックスを配置し、その中に入れて準備をしたようだが、その他の飲料は厨房で作るのに予想以上に時間がかかっているようなのだ。結局、20分でもまだ来ない人がいたけど、水グラスの乾杯で我慢してもらった。もしこのブログを読んでいたら、ごめんなさい。改めてお詫びします。
 実は毎年、総会の乾杯ではドリンクを用意するのに時間がかかっており、スムーズに進まないのだ。毎年の幹事の腕の見せ所といって良いだろう。言い換えてみれば、いかにスムーズに乾杯を出来るかで、その年の幹事の評価が決まってしまうのだ(ちょっと大げさかな)しかし、そのくらいの意気込みで準備をして来たのに、あの結果とは、トホホ...
 よく考えてみると、インドネシアでは普通にレストランでオレンジジュースや紅茶を頼んでも出てくるのに時間がかかる。そもそも、あのグラス飲料はすぐには用意できないようだ。日本での宴会を思い出してみても、さあ乾杯の準備となると、仲居さんがどどっと出てきて、シュパッ、シュパッとビール瓶の栓を開けていく。ビールがだめな人は瓶のオレンジジュースとか良く出てくる。これも栓を開けるだけなので、早い。その後、参加者がお互いにお酌をするのであっという間に準備完了(これも日本式の乾杯では重要なのだ)。あのテキパキとしたスピーディーな展開は、惚れ惚れするぐらいだ。うーむ、インドネシアのゆったりとした給仕では絶対に出来ないだろうなあ。そもそも乾杯の習慣がないので、素早く乾杯の準備をする重要性がわからないのだろう。うむ。
 ということで、インドネシアで日本の由緒正しき乾杯をするのは、諦めました。来年の幹事の人には、こうアドバイスしよう。乾杯で幹事の評価が決まるわけではないよと。

スポンサーサイト

バリでダイビング

 先週末は金土日と3連休だったので、久しぶりにバリに行ってきた。実は8月にせっかくライセンスを取ったので、バリにダイビングをしに行きたかったのだ。家族みんなが協力してくれることになり、妻に子供の面倒を見てもらっている間に僕だけ土曜日にバリ島の北東部にあるToranbenでダイビングをしたのだ。家族のみんなに感謝です。
 バリには日本人が経営しているダイビングショップがあるので、今回は日本人のお店にお願いした。店の名前はBintang Diving。インターネットで見つけたのだが、ここが一番自然な雰囲気がしたので決めたのだ。

 さて2ヶ月ぶりのダイビングだったけど、やはり海の中は気持ちがよい。ビーチからのエントリーだったので、最初は単なる砂浜でぜんぜん面白くなかったが、岩礁に入るとサンゴ、魚が増えてきた。おおっー、きれいだなあと楽しんでいたのだが、一つだけ気になることが。マスクの形が合わないのか、水が浸入するのだ。おかげで数分おきにマスククリアーをしないといけない。途中から面倒になって放って置いたら、写真を撮ろうと前屈みになると、マスクの中の水が、さあーとガラス前面に広がって、前がボヤけてよく見えない。しょうがないからそのまま適当に写真を撮ったら、案の定、目標がずれている。
 午後から沈船のサイトに移動。第二次大戦中に沈没したアメリカの貨物船だそうで、かなり傷んでいるので、船なのかどうかよくわからない。船尾と船首はなんとか雰囲気でわかったかなあ。
 ここは人気のサイトらしく、ダイバーが沢山いる。水中で他のグループのダイバーに会うことが初めてだったので、これも新鮮だ。中にはバリの民族衣装を着て潜っている人も。
 カメラはショップのレンタル。とりあえずガバガバシャッターを押したけど、やはり良い写真はなし。今度は自分のカメラを買ってじっくり練習してみよう。

 家に帰ってからインターネットで水中マスクの浸水のことを調べてみたら、どうも髭が原因のようだ。実は8月から口ひげを生やしているんだけど、やはり髭からは浸水がよくあるらしい。おかげでマスククリアーは慣れてしまったけど、めんどくさいので、ダイビングの時は髭を剃ろうかなあ。


PA270088.jpg

PA270078.jpg

PA270062.jpg
何の魚かよくわからないが、大群がいた

PA270044.jpg
これもよくわからないが、カラフルだ。

PA270004.jpg
アップで取るとちょっと不気味

PA270134.jpg

PA270101.jpg

PA270095.jpg
民族衣装のダイバー

PA270092.jpg
沈船。

DSCN1270.jpg
これが浸水の原因か?

DSCN1193.jpg

DSCN1197.jpg
子供たちはホテルのプールでひたすら遊ぶ

DSCN1191.jpg


DSCN1180.jpg

IMGA0586.jpg
ホテルはBali Hyatt Sanur 古いホテルだけど、敷地が広く、ゆったりとしている。

IMGA0579.jpg

DSCN1218.jpg
庭はジャングルのように植物が繁っている

IMGA0618.jpg
浜辺も広い。

ホテルで驚いたのは、日本人客が多いこと。10月の季節外れなのに結構な人がいた。バリでこんなにたくさんの日本人客にあったのは初めてかも。なんで今頃こんなに多いの?


プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:インドネシア、中部ジャワ州、スマラン市
出身地:広島県広島市
特技:ヒール&トウ
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。