FC2ブログ

誕生日

 5月11日は息子の7歳の誕生日だった。そこで翌日の12日土曜日に息子の誕生日会を我が家で開いた。準備のほとんどは妻がしてくれたので、僕はほとんど何もしていないのだが、料理の準備、飾り付け、椅子やテーブルの準備とかなり大変だったと思う。こちらの誕生日会はレストランを借り切って開くというスタイルも多いが、家で開催する方が、各家庭の個性が出て面白いと思う。ただし準備は大変だなあ。ひたすら妻に感謝するのみです。
 我が家の大きさの関係から、同じクラスの同級生とその兄弟、保護者だけを招待したけど、ちょうどギリギリだったかも。
 子供たちは家に来たらそのままプールに突撃。プールはすごい状態になったけど、1時間くらいで切り上げて後は食事、ケーキ、風船飛ばしをしてお開き。大した内容じゃなかったけど子供たちは楽しんでくれたかな。

ケーキと息子
DSC_0156_20120513192714.jpg

プールで遊ぶ子供たち
DSC08869.jpg

DSC08875.jpg

娘は身体が冷えたので日光浴
DSC08882.jpg

水鉄砲が人気
DSC08879.jpg

食事
DSC_0194_20120513192607.jpg

DSC_0201.jpg

アイスクリームが人気
DSC_0228.jpg

ケーキのろうそく消し
DSC_0213.jpg

クラスメートほぼ全員集合
DSC_0216.jpg

飾り付け
DSC_0252.jpg

玄関の飾り付け、派手だけど、こっちでは普通
DSC_0292.jpg

最後はサッカー
DSC_0262.jpg


スポンサーサイト

Bromo山

 もう1ヶ月も前の話になってしまったが、4月6、7、8日と週末が3連休だったので、ジャワ島の東にある有名な火山Bromo山に行ってきた。Bromo山はインドネシアで最も人気のある観光スポットの一つなので、一度は行ってみたいと思っていた場所なのである。
 山自体はいろいろな所で紹介されているので、まあ詳しい紹介はやめておくけど、印象に残ったことを紹介すると

1.宿が面白い
 今回泊まったホテルはBromo Cottageという宿で、前評判では汚くてサービスがよくないということだったが、斜面にコテージが綺麗に立ち並び、その周りには花を付けた木が取り囲み、雰囲気はそんなに悪くない。そんなに悪いホテルでもないけど。
 ロビー、食堂は斜面の上にあり、下の部屋からのアクセスのため、なんとケーブルカー(エレベーターを斜めにしたといった方が近いかも)が設置されていた。

2.Bromo山の山頂はとても危険
 外輪山のPnanjakan(2770m)からの日の出と並んで、もう一つのイベントであるBromo山(2392m)の山頂までのハイキングは、かなり危険であった。山頂まで真っ直ぐに階段がつけてあり、それを登っていくと最後にいきなり火口の縁に出る。階段から登りきった付近には火口に落ちないように手すりが設けてあるが、それ以外は何も保護するものがない。自由に細い火口の縁(幅約2,3m)を歩くことが出来る。おまけに観光客がたくさんいるので、縁を歩いて先に進まないと周りが何も見えない。両側が切り立ったリッジを進んで行き適当なところで、火口に向かって記念撮影をしようとしたら、息子が怖いといやがる。まあ、たしかに一歩でも踏み外すと火口まで一直線だ。長居は危険だと、すぐに下山をした。

3.ランクル40がいっぱい
 ホテルから山までのアプローチはランドクルーザー40で送迎してくれる。道が荒れているので四駆でないとしんどいのだが、なぜかほとんどランクルの古い40系だ。カルデラの砂地に多数のランクルが並ぶ風景は壮観だった。これだけでもマニアは喜ぶかも。

Pnanjakanから眺めるBromo山
DSC_0050_20120512082755.jpg

DSC_0036_20120512082756.jpg

なんと偶然にもYogyakarta在住の日本人の知人に出会った。子供たちの記念撮影
DSC08414.jpg

外輪山からカルデラに下りてBromo山まで馬でアプローチ
DSC_0066_20120512082622.jpg

DSC_0069_20120512082620.jpg

僕は娘を背負っているので歩いていく
DSC08482.jpg

Bromo山の取り付きからは階段になるので、みんな徒歩
DSC_0076_20120512082758.jpg

火口からは噴煙?が上がっている
DSC_0083.jpg

山頂は大混雑
DSC_0085.jpg

下りてからはカルデラをドライブ
DSC_0144.jpg


DSC08544.jpg

ランクル40系
DSC08529.jpg

DSC08446.jpg

ちょっと運転を代わってもらった。免許を持っているので問題は無い。
DSC08559.jpg

DSC08464.jpg

四駆はほとんどランクル40系
DSC08474.jpg

宿の様子
DSC08585.jpg

DSC08364.jpg

これがケーブルカー
DSC08569.jpg

DSC08597.jpg


フードコンテスト

 先週末はSISでオムレツコンテスト(父親)とピンポンコンテスト(母親)が開かれた。妻はピンポンに、僕はオムレツに参加した。本当はオムレツなのだが、学校からは日本風のオムレツ、例えばお好み焼きでもいいよと言われたので、関西風お好み焼きで参戦することにした。本当は広島風で臨みたかったのだが、いかんせん、素材の入手が難しいのだ。基本はソバ肉玉だが、ソバは何とか代用が効いても、豚ばら肉は入手が不可能。僕はイカもトッピングしたいのだが、揚げイカはどうやっても入手不可能。ということで、無難に関西風にしたのだ。

 出場者は、欧米系4名+インドネシア華人4名+中国人1名+日本人1名の計10名。審査ポイントは独創性、芸術性、味である。制限時間は1時間。
 スタートの合図でみんないっせいに料理を始める。素材はあらかじめ切っておいたので、当日は混ぜて焼くだけ。ほとんどの人もそんな感じだった。料理をしている最中に、審査員が料理のポイントは何かと尋ねてくる。僕は、「小麦粉に卵とシーフードとキャベツを混ぜて焼いたもの」と答えたけど、この説明を聞く限りだと、何の独創性もないな、この料理。うーむ、こういう時はTVの料理番組風に言えるように、あらかじめ何か考えておく必要があるな。
料理をしながら他の人のをチラリと見てみると、僕以外はみんな、ちゃんとした洋風オムレツだ。右隣のオランダ人(名前不明)はフライパンいっぱいに膨らんだ具沢山の巨大なオムレツを作っている。うーん、旨そうだ。左隣のDaniel(英国人)はシンプルなプレーンオムレツだが、飾り付けが凝っている。おお、フィッシュアンドチップスだけじゃないのね(失礼)。

 さて、競技開始後30分ほどでお好み焼きが完成したので、審査テーブルに提出。だいたいみんなほぼ同時に終わっていた。しかし僕は用意した材料が2人前だったので、もう1枚を皆で一緒に食べるために焼いた。しかし2枚目の方が出来がよかったので(単にマヨネーズのかけ方が気に入っただけだけど)審査員に断って交換した。
 
 次に、いよいよ審査に入る。審査員は英国人とインドネシア人の先生だ。うーむ、お好み焼きの味が彼らに分かるかなあ。料理の審査が終わった後、控え室で協議を始めた。うーむ、本格的ではないか。その間、選手の皆にお好み焼きを薦めてみる。みんな、「おいしいよ、これ」と褒めてくれる。中には「日本食レストラン開いたら絶対受けるよ」という人も。うーむ、みんな社交辞令だな、きっと。

 審査員が戻ってきて、いよいよ発表だ。3位、2位と発表された後、1位は、なんとお好み焼きの僕であった(これって反則?)。おおっ、僕自身はまったく期待していなかったが、なんと優勝だ。この瞬間、僕の頭をよぎったのは。なぜかスマランでお好み焼き屋を開業している僕の姿。おお、これはほんとに行けるかもしれん。今度、一時帰国で広島に帰ったら、修行をしてみるかな。

 ところで、このお好み焼き、素材の準備をしてくれたのは全て妻です。日本から取り寄せた海老、お酒で臭みを抜いたイカなど、入念な下準備のおかげです。僕は当日、たんに焼いただけ。ということで、この栄誉は妻に捧げたいと思います。

コンテストの作品
DSC08770.jpg

僕の作品
DSC08773.jpg

トロフィーをもらった。隣はピンポンの優勝者Serena うちの息子の担任の先生です
DSC08797.jpg
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる