FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone 4S

家族が学校の正月休み中に日本に一時帰国していたので、iPhone4SのSIMフリー版を買ってきてもらった。いやあ、これでやっと4年前の携帯、初代iPhoneから卒業だ。無くしたiPhone4とデザインは一緒なので、あまり新鮮さは感じないが、レスポンスのよさには驚いた。辞書ソフトのiDICなんか壊れているのかと勘違いするくらい反応が早い。
これは快適だ、と思いながら1週間ほど使っていたら、ある日、突然「不正なSIMを使用しています」というエラーが出た。当然のごとく電波がつながらない状態だ。何じゃこりゃ、と思いながらもとりあえず電源のOFF、ONを実施すると通常状態に戻った。こんな経験は初めてだったので、おかしいなあと思っていたら、次の日にはまた再発。これも同じく電源のOFF、ONで復帰したが、今度は時々いきなり圏外になる現象が発生した。さっきまでアンテナが4本立っていたのに、いきなり圏外になってしまうのだ。通話はもちろん出来ない。こりゃあ、困ったことになった。
ためしにSIMを交換してみたら、問題が発生しなくなった。おお、やっぱりSIMに問題があったのか。しょうがないSIMを換えるしかないなあ。しかし電話番号が変わるので、関係者に知らせえるのが面倒だな。
 ちょっと気になったのでGoogleで調べてみると、「不正SIMエラー」はあちこちのiPhone4Sで頻発しているらしい。原因は明らかにされていないようだが、Apple Storeでは本体の交換をしてくれることもあるらしい。えええ、これは不良品なのか! しかし実はこのSIMフリーのiPhoneは通販サイトのEXPANSYSで購入したので、交換サービスが受けられるかどうかわからない。おまけに香港に送り返さないといけない。うーむ、これは困った。とりあえずSIM交換でしのいでみるか、と思いながらWebを検索していると、Appleは密かにこれに対応した新しいバージョンのiOSを非公式に出していることが判明。しかし、バージョンは5.0.1のままなので、普通のアップデートでは適用されない。復元が必要らしい。言われたとおりに復元をしてみると、Web情報のとおりiOSのバージョンが5.0.1(9A406)になっていた。ちなみに旧バージョンは5.0.1(9A405)でカッコ内の末番が違うだけだ。公式リリースではなく、問題が発生しているiPhoneだけに適用するだけのものらしい。
 バージョンをあげてから、問題が発生しなくなった。めでたしめでたし。
スポンサーサイト

帯状疱疹ヘルペス?


 2、3日前から首の後ろがちょっとチクチクして痛いなあと感じていた。土曜日に自転車に乗ったとき、結構日差しが強かったので、日焼けでもしたかなと思っていたら、今朝、鏡で首の後ろを見てみたら、なんと帯状に真っ赤に腫れているではないか、かぶれによく似た症状だったので、たぶん何かの木でかぶれたんだろう、しかし、変な木のそばに行った記憶はないし、変だなあと思っていた。
 病院に行くほどでもないと思って、会社の医務室で医師や看護士に見てもらったら、Herpes(ヘルプスと彼女らは発音する)に間違いないと言う。Herpes?インターネットで調べると、読んでそのままヘルペスだと分かった。ヘルペスにはいろいろ症状があり、僕の症状から判断すると帯状疱疹だと思われる。医務室で薬の処方箋を書いてくれたので、薬屋に行って薬を買ってきた。一応念のためにネットで薬名を調べたら、問題なくヘルペス用だった。(新しい薬を買った時には一応チェックしている)そんなにひどい病気ではなく、薬を飲めば普通に直るらしいが、完全に直るまで3週間くらいかかるらしい。
 原因は幼少の頃にかかった水疱瘡(みずぼうそう)のヘルペスウイルスが、通常は神経の中に潜んでいるだけで何も悪さをしないのだが、ストレスや病気、加齢などで免疫力が低下すると、再び活動を始めて、発症するらしい。このウイルスは一生消えることはないらしい。
 ということは、僕は免疫力が低下してると言うことか、原因はストレスかなあ? 何かよくわからないが、結構痛い。服が触れたときはもちろん、横を向いて首をひねっても皮がよじれて痛いのだ。まあ以前の手足口病ほどではないけど、なぜかインドネシアに来てから、変な病気によくかかるなあ。

 家に帰ると、メイドが僕の首を見るなり
「ミスターもヘルペスですか、私も先日からかかってしまい、腰に出たので痛くて夜眠れないんですよ」とメイド。
「へえぇ、それは奇遇だねえ」と僕。
「イナ(うちの元メイド)の旦那さんも最近ヘルペスが顔に出て、こんなになって大変だそうですよ(手で顔が膨れている様子を説明)」とメイド。
「へえぇ、ひょっとして今、流行ってるの?」と僕。
「そうですよ。雨季に入るとかりやすいですよ。雨季は身体に良くないですからね」とメイド。

 雨季がどう身体に良くないんだ?と疑問は生じたが、ちょっと興味がわいたので、情報収集をしてみることにした。次の日に運転手に聞いてみると、彼も16歳の時に腕に出たことがあるらしい。会社でスタッフに聞くと、結構かかったことがある者がいる。しかも、みんな10代、20代のころにかかっているらしい。

 うーむ、かなり変だぞ。日本のインターネット情報によると、帯状疱疹ヘルペスは、免疫力の低下が主な原因であり、身体の弱った高齢者によく見られる病気で、50歳くらいから急に増えるらしい。しかし、インドネシアでは若い者も普通にかかっているようだ。インドネシア人の免疫力は低いのだろうか? それとも違う種類のウイルスなのか? しかし、ひょっとして昔の日本、栄養状態の悪かった頃は、若者も普通にかかっていたかもしれない。
 うーむ、不思議だ。誰かこの違いを研究している人はいないかな?

herpes1.jpg

Happy new year 2012

2012年賀状yamanishi
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:インドネシア、中部ジャワ州、スマラン市
出身地:広島県広島市
特技:ヒール&トウ
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。