FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kenmaster不買キャンペーン その二

たいぶ前にKenmasterというローカル企業の品質の悪さをブログに書いたことがあるが、またまたKenmasterはやってくれましたよ。

我が家のガスボンベのホースはKenmasterなのだが(まだKenmasterの品質の悪さを知らなかった時に買ったから)、ガス漏れが時々起こるのだ。
原因は接合部の構造にあると思う。ホース側のアダプターをボンベ側のノズル(出口)に差し込んでも、きちんと固定されず、ガタツキがあるのだ。通常は、ガスの内圧に押されてアダプターは一応固定されて動かないのだが、外力が加わると、アダプターが傾いてシールが甘くなりガスが漏れることがある。特にガスが減って内圧が下がると、アダプターの固定が甘くなり、ガスが漏れやすくなる。だから我が家ではガスが減ってくると、中に多少残っていても直ぐに交換していた。
また、アダプターが簡単に傾いたりしないように手作りの抑え金具で固定していた。

しかし先日ホースが劣化してひび割れが生じ、ガスが漏れ始めたので、新品に交換する事にした。店には何種類か置いてあったが、Kenmasterは無視して、店で一番高いGascompという名前の製品を買った。
家に帰って取り付けてみると、なんと、しっかり固定されてガスが漏れる気配がまったくしない。基本的な構造はKenmasterと同じタイプだが、こちらはちゃんと設計してあるようだ。うーむ、もっと早く換えれば良かった。
ということで、再び忠告。命が惜しければ、決してKenmasterを買ってはいけません。
ローカルニュースによると、家庭でのガス漏れによる爆発事故が時々起きているそうだ。中国製の粗悪製品が原因と新聞に書いてあったが。たぶんこれも原因の一つだな。

新しく買ったGascomp
DSC08033.jpg

横から見たところ
DSC08034.jpg

DSC08036.jpg

これがKenmaster
DSC08035.jpg

以前はこんなアタッチメントを付けていた
DSC08037.jpg


追伸
我が家にもう一つ最悪なKenmaster製品がある。ハンマードリルだ。これがまたおもちゃのようにチャチで精度が悪くて、もう本当に信じられないくらい出来が悪いのだ。よくもまあ、こんな製品を売っているなあと、逆に感心してしまう。
ドリルの刃がさらにひどくて、使っているうちになんと驚いたことに螺旋が戻ってまっすぐになってしまう。そう、なんとこの刃は軟鉄なのだ。
また忠告。決してKenmasterのドリルの刃を買ってはいけません。見た目はドリルでも釘と一緒です。
スポンサーサイト

ラムジェット?

どこで覚えてきたのかよくわからないが、しばらく前から息子はしきりとラムジェットのことを質問してくる。
「ラムジェットって何?」と息子。

「飛行機のジェットエンジンの一種で、取り入れた空気にそのまま燃料を噴射して燃やして推進力を得るんだよ。空気を圧縮するタービンが付いていないから構造が簡単で軽量なのが利点だよ」と予めGoogleで仕入れた知識を披露する父親(父親の威厳を保つにはいい時代になったもんだ)

「ラムジェットって速いの?」と息子。

「別に速いわけじゃないけど、ある程度の速度がないとラム効果が発生せんので、当然、速い飛行機にしか搭載できね」と息子の攻撃を難解な言葉を使ってかわそうとする父親

「ラム効果って何」と息子。しまった別の餌を与えてしまった。

「飛行機が前に進むことで、エンジンに入ってくる空気が圧縮される効果のことじゃよ」となんとかうる覚えの知識でかわそうとする父親。

「何で前に進むと、空気が圧縮されるの」と息子。

「うーん、エンジンの前部にコーン状の導入部があって、通路が狭くなるから空気が圧縮されるんだよ」とちょっと苦しくなってきた父親。

「コーンって何?」うーん、Googleだけの薄っぺらい知識なので、窮地に追い込まれる。

しょうがない「今度調べてから教えてあげるよ」と最終手段でなんとか逃げ切りを図ろうとする父親。

「忘れちゃ駄目だよ」となぜかあっさり諦めてくれた息子。
と思ったら、「ところで、B737のエンジンは何でおむすび型なの?」と別の質問に移った息子。

こういう感じで延々と飛行機についての質問が続くのである。夜中、寝る前の一時が息子の質問タイムになっているんだけど、質問が延々と続いてなかなか寝ないことがよくある。男の子だから飛行機など乗り物に興味を持つ気持ちはよく分かるのだが、最近エスカレート気味だなあ。段々オタクの世界に入ってきたような気がする。

ところで、この好奇心が大いに役立つことがあるのだ。この前、ブロックの船を落として壊してしまって大泣きしていた息子が、いつまでたっても泣き止まないので困っていたところ、「そういえばB737のエンジンはおむすび型以外にも、変わった特徴があるんだけど、知ってるか?」と飛行機の話題を振ってみたら、「えっ、何?」とピタリと泣き止んだ。こういう使い方もあるんだなあ。


プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:インドネシア、中部ジャワ州、スマラン市
出身地:広島県広島市
特技:ヒール&トウ
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。