FC2ブログ

久しぶりにRodaLinkへ

先日、久しぶりに自転車屋RodaLinkへ行った。レジ担当の女性店員が、僕の顔を見るなり、あら、お久しぶりねえと一言。そういえば1年くらい来ていなかったかも。その店員、前からちょっと態度がでかかったけど、さらに大きくなった雰囲気。店の壁をふと見ると、なんと店長として紹介してあるではないか。なるほど。この店は店員の移り変わりが結構早いのだ。店長も僕が着て早くも3人目かな。といってもみんな店を辞めているわけではなく、転勤で他の店に移動しているみたいだ。
ところで僕が店に行った目的は新しいMTBシューズを買うこと。古いシューズの靴底が剥がれてしまったのだ。靴底だけなら貼り直せばいいのだが、すでに5年目に入ったこともあり全体的にくたびれていたので買い換えることにした。しかし、RodaLinkにはあまり在庫がなかった。前はもうちょっとあったような気がしたんだが。。。
少ない商品の中から迷った末に、シマノのSH-M230Cにした。カスタムフィットフィットと言ってソールの中敷が工夫されていて、履き心地がとてもよいのだ。その分値段も高くて日本の定価が¥26460。それがこちらではRp1,848,000(約¥16800)36%引き。でも2009年モデルなので日本でももっと値引きがあるはず。それほどお徳ではないかも。まあ、値段はともかく、この田舎のSemarangでシマノの製品が買えると言うことはとてもありがたいことなのだ。

さて、新しいシューズ、今度はどこに行こうかな。履き心地はどんなものか、ちょっと楽しみだけど、しばらく牛の糞は踏みたくないなあ。
スポンサーサイト

トレール探索

 娘が生まれてからしばらくほどんど外で自転車に乗っていなかったが、1歳の誕生日を無事に迎えた事だし、そろそろ活動してもいいかなと言う感じになって来たので、今月からまた自転車に乗り始めた。ロードバイクとMTBがあるけど、ちょっとロードの気分じゃなかったので(自然の中に入りたかった)、MTBで近所のお気に入りコースに出かけた。久しぶりだったので山の様子もちょっと変っていた。軍の演習場を抜ける時に渡るいつもの橋がついに壊れていたのだ。橋の床の一部が抜け落ちていた。竹で編んだ垣根のようなもので蓋をしてあったが、いつまで持つかなあ? 
 しかし、この橋が渡れなくなると、この一番お気に入りのコースに入れなくなる心配があったので、次の週は橋を渡らなくてもよりコースを探してみた。事前にGoogle Mapの航空写真でルートの目星を付けて入山したら、見事に新しいルート、川の上流を回ってうまく迂回できるルートを見つけたのだ。これで怖い思いをして橋を渡る必要がなくなった。
 これに気をよくして、その次の週は全く別の新しいコースの探索に出かけた。ルートの途中に予想外の段差(崖)があって通過に苦労したが、広い草原の広がる開放的なルートを見つけることが出来た。Google Mapでは高低差まで把握できないのが難点なのだ。
 僕のうちはSemarangの中心部から南に5Kmくらい離れた標高250mくらいの丘の上にあるのだが、一応住宅地だけどちょっと町を外れると、自然が広がっているのでMTB用のトレールがいろいろあるのだ。うちからせいぜい20分くらい走るともうフィールドに入る事が出来る。なかなか素晴らしい環境だ。逆に舗装道路は荒れていて、良い道路が少ないのでロードには厳しい環境だ。
 せっかくMTB向きの良い環境に住んでいるので、しばらくはルート探索を続けてみようと思う。

壊れていた橋。手前側が壊れているところ
IMG_0716.jpg

牛の移動を規制する壁が所々に出来ていた
IMG_0719.jpg

遠くに牛が見える
IMG_0723.jpg

本日、見つけた新しいルートの入り口付近。遠くに見えるのはUngaran(標高2050m)
IMG_0724.jpg

しばらくは、こんな感じのフラットなダートが続く
IMG_0727.jpg

急斜面はバイクを降りて下った
IMG_0736.jpg

緩やかな草原に出たところ。遠くに見えるのはMerubabu山(標高3141m)
IMG_0746.jpg

後ろに見えるのは崖。左手の方にトレールがある
IMG_0740.jpg

これから下る方向を見る
IMG_0748.jpg

途中に小川がある。牛の足跡発見。ここにもいたか!
IMG_0749.jpg

草原を下り終えたところ。山を振り返って
IMG_0750.jpg

アンテナ星人 VS 子豚ちゃん

最近、固い話題が多くて面白くないという感想があったので、今回はちょっと雰囲気を変えて我が家の子供たちの写真をアップしましょう。5歳の男の子と1歳の女の子です。下の子はスマランで生まれて早くも1年が経ちました。

まずは娘から

普通の笑顔。かわいい!
R0014429.jpg

変な顔。これが結構好きみたい
R0014471.jpg

子豚に変身
R0014478.jpg

子豚から戻ったところ
R0014476.jpg

かわいい笑顔
R0014447.jpg

ガンを飛ばす
R0013723.jpg

可愛らしいおすわり
R0014423.jpg

水中メガネも好きなのです
R0014232.jpg

くしも好きみたい
R0014418.jpg

二人仲良く
R0014343.jpg

息子はアンテナ星人に変身
しかし、舌が長いなあ
P1060352.jpg

別バージョンのアンテナ星人
R0014406.jpg

R0014408.jpg

足が長くなりたい!
R0014404.jpg

スポンジなんとか
creditcard1.jpg

中指を詰めてしまった。。。可哀想に
R0014464.jpg

ということで、どれが素顔なのかよく分からないでしょうが、いつも親を笑わせてくれる楽しい子供たちです。


Indosat IM2に乗り換えた

高いだけで、ダウンロードエラーが頻発するTelkomspeedyを解約してIndosatに完全に乗り換えた。
契約速度は256Kbなのだが、1MのTelkomと比較してあまり速度差を感じない。なんでかなと思って、スピードテストをしてみた。これは日本のサイトなのだが、194kbpsと言う結果になった。実は以前にTelkomで図った時も同じくらいだったのだ。インドネシアと日本を繋ぐ回線が細いせいなのかもしれないが、1Mbpsでも日本のサイトを見る時は、150kbpsくらいしか出ないのだ。他のサイトでスピードテストをしても同じような結果だったので、間違いはないと思う。
ということで、日本のサイトを見る事の多い僕にとってTelkomspeedyの1Mbpsは意味がなかったのだ。
Indosatに乗り換えたおかげで料金は1/3くらいになった。
めでたし、めでたし。

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2011/04/05 22:17:48
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 194.729kbps(0.194Mbps) 24.2kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 0kbps(0Mbps) 0kB/sec
推定転送速度: 194.729kbps(0.194Mbps) 24.2kB/sec

日本食レストランを考える

 ここSemarangには日本食レストランはあまりないが、それは日本人の在住者が少ないからだと漫然と思っていたが、冷静に考えるとあまり関係ないと思う。なにしろSemarang在住日本人は100名程度しかいないのだ。そういう意味では逆に日本食レストランは多いと思う。そこそこの規模の店でも4、5軒はあるのだ。しかしどこに行っても他の日本人のお客合うことはほとんどない。実は、日本食レストランといっても、お客のほとんどはインドネシア人なのだ。Jakartaなどに比べて日本食レストランが少ないのは、「日本食レストランに出かけることが出来るような富裕層がSemarangはまだ少ない」と言うのが正解だと思う。日本食は既に日本人だけのものではなくなっているのだ。
 だから、日本食レストランに行っても、けっして日本人だと大きな顔をしてはいけない。例えば、日本人はすぐに、日本の味と比較してしまい、「ちょっと味が違うな」とか、「何じゃこりゃ、ザルソバで焼きそばか?」とかケチをつけ、しまいには「味付けの指導をしてやろうか」などと偉そうなことを考えてしまうが、そもそもお客の割合から分かるように、日本人を対象にしているレストランではない。だから別に日本人の口に合わせる必要はないのだ。日本食道を究める必要などさらさらないのだ。逆にメインのお客である金持ちのインドネシア人の口に合わせなければならない。だから多少味が濃くても、てんぷらの衣が分厚くても、彼らに喜んでもらえたら十分なのだ。
 こう考えると、日本食レストランでも味付けが日本と違うことに納得がいく。(あくまで好意的に解釈するが)調理人の腕が悪いのではなく、マーケットが違うのだ。しかし、日本人の心の拠り所である日本食レストランですら、外国では我々日本人のためのものではないのだ。とても悲しいことだが、これが現実だ。だから、日本食レストランの味に文句をつけるのはやめよう。ストレスが溜まるだけだ。
 たぶん、こういった悲しい思いは日本に住んでいる外国人はみんな感じているだろうなあ。確かに、日本のカレーライスはインド料理じゃないよな。ましてやカレーうどんにいたっては。。。。



ところで、僕のブログを読んで気付かれた方も多いと思うが、固有名詞はなるべく現地語表記にするようにしている。日本人にとってカナ表記の方が読みやすいことは良く分かっているのだが、実は、カナ表記の情報は困ることが多いのだ。面白そうな店や場所の情報を得ても、正しいつづりが分からないと実際に地図で調べたりとか、現地の人に聞くときに苦労するのだ。ということで、このブログの情報を利用している人がいるかもしれないので、固有名詞は現地語を使うことにしている。読みにくいのはちょっと我慢してくださいね。
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる