FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の勉強

 またまた勉強の話題で申し訳ないのですが、最近、英語の勉強を始めている。実は、時々ここにも書いているように、インドネシア語を覚えれば覚えるほど、英語が頭から消えていくのである。いや、正確に言うと、脳の中の外国語回路がインドネシア語に占領されてしまうのだ。外国語=インドネシア語という感じである。特にスピーキング回路が完全に占拠されてしまった。そのため、いざ英語を話さないといけない場面になっても、まったく口から英語が出て来なくて、代わりにインドネシア語が出てしまうのだ。基本単語になればなるほど、頭で考えることなく反射的に言葉が出るので、その傾向が強くなる。例えば「私」は英語では「I」、インドネシア語では「saya」、「これ」は「this」と「ini」この辺の言葉になると、心の中で強く意識していても、つい反射的にインドネシア語が出てしまうのだ。自然に話そうとすればするほど、そうなってしまう。逆に英語を話そうと強く意識して、口から出かかったインドネシア語を飲み込もうとすると、言葉がまったく出てこなくなり、アーウーと唸るだけの、まるで動物のようになってしまうのだ。あー恥ずかしい。
 こうなってしまった一番の原因はそもそも僕の頭の中に英語回路がきちんと構築されていなかったからだろう。単語とか、文法とか今でも当然英語のほうが上なのだが(これまでの絶対的な勉強量が当然違うから)、知識を本当の「生きた言葉」として使いこなす回路が脳に出来ていなかったのだ。日頃、職場や生活の場で数多くのインドネシア語の修羅場を潜り抜けていくうちに、脳がすっかりインドネシア語に対応してしまったのだ。
 相手のしゃべっていることがほとんどわからなくても、ほんの一言二言聞き取れた単語と、話している状況、相手の表情、など五感をフルに活用して何とか内容を理解し(いや想像し)、しゃべる時もわずかなボキャブラリーからどうやって表現すればよいか必死に考えながらコミュニケーションを取っていくのである。こんな訓練を毎日繰り返していけば、そりゃあ脳も順応するわなあ、というのが実感である。

 実は会社でも日常生活でも英語を必要とする場面はほとんど無いので、英語なしでも生活は困らないのであるが、唯一、子供の学校(インターナショナルスクール)だけは例外なのである。先生や子供たちが英語を話すのは当たり前で、さらに学校から配られる資料も英語、学校で開かれる保護者対象のミーティングも英語、学校と何か関わろうと思ったら英語が必須なのである。まあ、お母さん達はインドネシア系が多いので、インドネシア語主体でもなんとかなるけど、父親は欧米系が大多数なので、やはり英語が共通語だ。いっそのこと、子供を現地校に入れれば、英語が要らないので楽かろうと思うこともあるけれど、子供の将来を考えるとインドネシア語より英語のほうが有益である(小さいうちに帰国すればどっちにしろ忘れるから何語でもいいと言う話もあるが。。。)
 ということで、英語回路を何とか構築しようと英語の勉強をしているのだ。もちろんインドネシア語も続けないといけないので、これはもう結構大変である。空いている時間があればいつも勉強。ああ、若い頃にせめて英語くらいちゃんとやっておくんだったと今更ながら反省している。
スポンサーサイト

MTBグレードアップ

 先週末、MTBのフレームを交換した。新しいフレームはKONAのCALDERA 2009年モデルである。
 古いフレームは1998年(だっけ?)に行ったモンゴルでのツーリング用に買ったクロモリのMERIDAだから、もう10年くらい経っている。全体的にくたびれてきたのと、去年新調したフロントサスとの相性にちょっと無理があったため、交換することにした。フレームの交換のついでに、リアブレーキもディスクに交換した。実は、自転車友達のDarmawanが色々パーツを提供してくれたので、当初は換えるつもりが無かったけど、ついでに換えたのだ。提供してくれたパーツはリアのディスクローターとカーボンのシートポスト、どちらも新品である。彼はただでいいと言うけど、悪いので代わりに彼には古いフレームをあげた。彼は自転車マニアで、家には自転車が4台(すべてMTB)その他、フレームやホイール、ディレーラーなどパーツが沢山あるのだ。友達から入手したり(僕も旧パーツはいつも彼にあげている)、店のバーゲン品を購入したりして、知らない間に溜まったらしい。パーツの知識も僕なんかよりよっぽど詳しいし、世話好きで親切なのでとても頼りになるのだ。
 そんな彼の唯一の欠点は、我が家に遊びに来るのが大好きなこと。しょっちゅう我が家に遊びに行きたいと言ってくる(もちろん家族4人そろって)。まあ、別に騒いだり汚したり失礼なことをするわけではないので問題はないんだけど。我が家も一般的な日本人と同様、お客を招くのが苦手なのだ。その点、外人(インドネシア人も含む)はホームパーティが好きだなあ。その社交性には感心する。
 フレームの交換はいつものショップ(RodaLink)にお任せした。作業は早いし(1日)安いし(Rp200,000 約2千円)、ミスもほとんど無い。今回のフレーム交換も1日で済んだし(ホイールの組み直しも含む)、作業が早いのには特に感心する。よくインドネシア人はのんびりしていて仕事が遅いとか言うけれど、この店は例外である。日本の普通の店より確実に早いと思う。まあ、技術があると言うより店員が多いというのが本当の理由かな。

初めてのメガネ

 先週の休みの日に初めてメガネを作りに店に行った。メガネと言っても近眼ではなく、老眼なのである。嗚呼、こうして改めて文字にすると歳を取ったことがリアルに感じられるな。最近、子供のおもちゃの修理など細かい作業をするのがつらくなり、日本の100円ショップで買った老眼鏡を使っていたのだが、そんな度の合ってないメガネを使っていると老眼が進行するよ、という妻のアドバイスもあり、思い切って生まれて初めてメガネを作ることにしたのだ。
 スマランにも普通にたくさんのメガネ屋がある。どこがいいのか良く知らないので、とりあえずスマラン随一の繁華街チプトラモールの2階にあるメガネ屋に行ってみた。
 老眼鏡を作りたいと言うと、さっそくどのフレームにしますかと、いろいろなものを薦めてくる。(妻の話だと日本ではまず眼の検査を最初にするそうだが)選び方の基準がよくわからないので、妻にアドバイスをしてもらいながら(実際は口論に近い会話をしながら)、何とかフレームを決めた。外国製の高いフレームも沢山あったが、1.5jutaくらいの中堅どころにした。
 次にレンズの度を決めるために、検査を行なった。検査室に案内され、立派な測定器で眼の検査をする。老眼だけだと思ったら、視力検査もする。この時アルファベットを読むのだが、つい英語読みをしてしまいそうになるのを我慢しながらインドネシア読みで答える。機械で半自動に検査が進み、なんか日本と同じような雰囲気だぞ(行ったことはないのであるが)
 検査が終わり度が決まったので、あとはレンズの種類を決める。老眼専用のレンズと、遠近両用のレンズもあるらしい、遠近両用だとメガネをかけたまま遠くを見ることもできますよということなので、こっちにすることにした。メガネを下にずらしながら遠くを見る姿は、自分にはかなり抵抗があるのだ。
 レンズは1.2jutaくらい、バーゲン中だったので割引価格でトータル2.0juta(約2万円)。出来上がりは十日後らしい。

 ところで、順番が逆だけど、眼鏡をかけている会社のローカルスタッフに眼鏡はどうやって作るのかと改めて尋ねたところ、まず眼科に行って目の検査をしてもらわないと駄目ですよ、と言う話だった。そうかやっぱり検査が先か。うーむ、今回はちょっと早まったかな。

MacBookProの続報

 パソコン屋に修理に出していたMacBookPro15だが、3週間くらい前に「Rp900,000(約9千円)くらいで直りそうだ、もう2週間待って欲しい」という連絡が来たので、予想より修理費が安いじゃないの、と喜んで待っていた。しかし先日「結局$995かかるという見積もりが来たけど、どうします?」と再度連絡が来た。えー、また騙されたか、前の見積もりは何だったの、と気落ちしたけど、もうすでに新しいのを買ってしまったし、あまりに修理費が高いので、結局修理は断ることにした。
 ロジックボードの交換が必要だろうと言ってたから、9千円で済む方がおかしいのではあるが、$995というのもちょっと高い気がする。日本のサイトを調べたら、ロジックボードの交換は6万円くらいが相場らしい。ちなみにロジックボードとはPCの世界ではマザーボードと呼んでいるやつのことだ。
 しかし、この機械は結局2年しかもたなかった。ずいぶん早いご臨終だった。すでにロジックボードを1回、バッテリーを1回、どちらも保証範囲で交換していたので、もともと外れの機械だったと思う。今度の機械は大丈夫なんだろうか。

ついでに旧MacBookPro用に買ってあったHDD500GBに交換する。

新型は分解しやすくて助かる
P1020611.jpg

これが交換用HDD。メーカーはWestern Dijital。最近はこのメーカーのHDDをよく使っている。
P1020623.jpg

久々のMTB

 昨日はイスラム暦1431年1月1日。おめでたい元旦なので祝日だった。ということで朝から久しぶりにMTBで出かけて来た。今回のメンバーは息子の学校の父兄であるイギリス人のDanielと友人(名前を忘れてしまったけど、欧米人)である。彼らとは初めての自転車だ。たまたま先日、アメリカ人の知人の家で開催された感謝祭のパーティーでDanielと一緒になった時、お互い自転車に乗るのが趣味と分かったため、今度ご一緒しましょうと約束していたのだ。
 朝5時半に集合して走り始めたのだが、Danielの友人がむちゃくちゃ早いことがわかった。インドネシア人や華人と走っていて置いて行かれることはあんまりないのだが、ちょっとした上り坂に入ったとたん彼はあっという間にはるか彼方へ。。。欧米人の身体的強さを見せつけられた。Danielは足の調子が悪いと言っていたので、そのせいか僕と同じペースなので助かったけど、本調子だとまさかあんなペースになるのだろうか。今後がちょっと心配。
 コースはBukit SariとCandiの東側斜面の丘陵地帯でオンロード主体、たまにオフロードを混ぜるといった感じで、30kmのショートコースとしては変化があって楽しいものだった。Danielはインドネシア在住11年くらいの大ベテランなのでけっこう面白いコースを知っているようだ。ちなみにDanielの奥さんはインドネシア人だけど、彼は珍しく30歳代前半で若いのだ。下手な僕の英会話にも嫌な顔を少しも見せずに付き合ってくれるいい人だ。まあ、彼はインドネシア語もぺらぺらなので僕が間違えてインドネシア語の単語を混ぜてしまっても普通に理解してくれるからかもしれないが。

集落を抜ける道
P1020579.jpg

時々現れるダート
P1020582.jpg

汚れたバイクを洗ってくれる息子
P1020590.jpg





最近の勉強の状況

 最近、インドネシア語の勉強を余りしていなかった。日常会話がそこそここなせるようになったため、切迫感がなくなったためかもしれない。ところがこの前インドネシア語の新しい学習書を買ってから、ちょっとやる気が復活したのだ。本の名前は「インドネシア語頻度旬3535」インドネシア語の単語を使用頻度の高い順に並べた単語学習書だ。これらを全て覚えたら、インドネシア語の新聞や雑誌はほぼ辞書無しで読めるようになるということなので、インドネシア学習者としてはこのレベルがとりあえずの目標となると思うけど、英語に比べるとかなり少ないような気がする。英語では3000語が基礎単語と言うから、3535語で十分と言うことは、もともとインドネシア語は語彙が少ないのかもしれない。今までの僕の体験した感じでも他の言語より語彙は少ないような気がする。共通語として採用されたのはインドネシアが独立してからという、歴史の短さから考えても、そうかもしれない。まあ、少ないことは学習者にとってはいいことなので、とりあえずこれを目標にがんばろうかなとモチベーションが復活したのだ。でも未だに3535には半信半疑。

森山式インドネシア語単語


 単語の覚え方も、今までとはちょっとやり方を変えてみた。これまでは一語ずつ何度も声に出して手で書いて、時間をかけて覚えていたけど、その時は覚えていても時間が経つとすぐに忘れてしまう。1週間もたつとすっかり忘れているので、また復習をする。量が増えてくると復習が追いつかなくなるのだ。
 しかし、このやり方はどうも効率がよろしくないらしい。一語にかける時間はなるべく短くして一日あたりの語数を増やして毎日繰り返すのが良いみたいだ。ということで、まず前述の学習書のレベル1、1016語の完全マスターを目指し、毎日1000語を学習することにした。時間は、一語にかける時間を2秒とすると全部で2000秒、33分だ。これなら毎日できるぞ。もちろん知らない単語を2秒で覚えるのは不可能だ。しかし毎日毎日同じ単語を見ていたら1ヶ月(30回)も繰り返すと覚えてしまうと言う理屈だ。毎日見るので一度覚えたらなかなか忘れることもない。
 実はこのやり方、英語の分野ではいろいろな本で紹介されており、実績もあるらしいのだ。インドネシア語でも通用するだろうと思って始めたところなのだ。どのくらい効果が出るかちょっと楽しみだ。

近況報告

最近忙しくて更新をすっかりご無沙汰してしまった。
ということで、最近の近況をまとめて報告すると

1.引っ越し
11月22日に新しい家に引っ越した。
こちらには日本のような引っ越しサービスがないので、自分でトラックや人夫を手配しないといけない。結局1トン積みのトラックをうちの運転手にどこかから探して来てもらって、人夫は近所のセキュリティに6人程来てもらった。場所が1kmくらいの近所なので、5、6回往復して半日くらいで完了。こういう時、セキュリティは警備以外にも雑務は何でも引き受けてくれるので助かる。もちろん手間賃は払わないといけないけどね。
新しい家の感想は、一言で言うときれいで快適。それにつきる。欠点は暑いこと。回りに家がなくて景色がよく、部屋の中も明るくていいなあと思っていたら、それはやはり暑さも伴っていたのだ。東向きなので、朝が特に暑く、朝寝坊なんて絶対出来ない環境なのだ。このブログも新しい自分の部屋で汗だくになりながら書いています。

1階リビング
P1020172.jpg

2階リビング
P1020175.jpg

お風呂
P1010035.jpg

2.日本に出張
11月24日、まだ引っ越しの荷物も片付かないうちに、10日間程日本に出張となった。
仕事で帰ったのだけど、半年分の買い物をする為に次々と通販の商品や宅急便が会社に届くので、何しに帰って来たの?と会社の人はちょっとあきれ顔。友達の新居を2軒も訪問できたし、なかなか充実した出張だった。
しかし、この出張のおかげで、日本人会の行事に参加できなくてみんなに迷惑をかけたし、子供の学校のクリスマスコンサートも見に行けなかったし、ちょっとタイミングが悪かったなあ。

ボーイング777
今日もJALのジャカルタ行きは席の1/3くらいしか乗客がおらず、ガラガラだった。
R0011797.jpg
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:インドネシア、中部ジャワ州、スマラン市
出身地:広島県広島市
特技:ヒール&トウ
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。