FC2ブログ

一時帰国

先週の水曜日の朝から日本に滞在しています。
出張による一時帰国中なのだ。
日本に帰ったのは、今年の4月以来6ヶ月ぶり。前回は1年以上間があいたので、成田空港に降りたときは日本人が多いのにショックを受けて、2、3日は変な気分だったけど、今回はあんまりショックはなかった。と言ってもなんだか落ち着かなくて違和感はいまだにあるんだけど。
いまは、会社の最寄り駅前にあるビジネスホテルに泊まっている。1年くらい前に出来たばかりの新しいホテルだ。スマランの家も新築できれになったなあと喜んでいたんだけど、日本には適いません。高級感はなくて狭いけど、機能的でシックでいいです。

R0011750.jpg

それから、MacBookPro13インチを買ってしまった。インドネシアからネットで日本のお店に注文して、日本の会社に届けてもらったのだが、代金引き換えにしていたら、僕が席を外している間に荷物が届いてしまって、受け付けた人が僕を一生懸命捜してくれたんだけど、見つからなかったので会社のお金で立て替えてくれた。約10万円。どうもすみませんでした。

今日と明日は土日で休みなので買い物に走り回る予定。
スポンサーサイト



ああ、忙しい

最近ブログがご無沙汰ですが、実はインドネシアらしからぬ忙しい状態なのだ。
新しい家が決まって、今月中に引っ越しをする予定になっていたところに、日本人会の会報の締め切りも迫って来て、忙しい状況のところに、なんと月末から9日間程日本に出張しないといけなくなって、バタバタとしている。
忙しいのでなんとか出張を断ろうと思ったけど、だめだった。
しょうがないので引っ越しは家族に頼んで、まずは会報を仕上げるのに専念して、やっとほぼ出来上がったところ。後は印刷をしたらおしまい。
今週末に引っ越しをして、火曜日から日本に出発。
いやあ、半分インドネシア人になりかかっている自分に取って、一日刻みのスケジュールは厳しいです。せいぜい1週間単位でしか最近予定を立てることが出来なくなっているからね。

Macのその後

 パソコン屋にサービスに出したMacBookProのその後だが、結局その店では修理が出来なかったので、ジャカルタのアップルの代理店に送って修理してもらうことになった。送った後何も連絡がないのでパソコン屋に電話してみたら、ジャカルタから何も連絡が来ないので分からないそうだ。再度ジャカルタに問い合わせてくれと頼んだが、まだ連絡がない。うーむ、どうなっとるんじゃ?
 そう言えば、最初にMacBookProを預けに来た時に、「うちでもMacBook扱っているよ、どう、見てみる?」と新しいマシンを売りつけようとしていたなあ。ひょっとしてこのまま修理不能にして、新しいのを売り込もうという魂胆か?なんでもいいけど、どういう状況なのか早く教えて欲しい。先週は、毎日このパソコン屋に電話していたので、もう付き合うのにかなり疲れてきた。

 ところで、最近インドネシアでもApple Storeがオープンしたようだ。Apple StoreのWebサイトでインドネシアを選択するとちゃんとルピア価格で表示されたページが出てくる。最初に見つけたときはちょっと感動ものだった。iPhoneがインドネシアで販売開始になったので、それに合わせてオープンしたのかもしれない。MacBookProが直らなかったらここで買おうかと思ったけど、実は価格が日本に比べると15~20%くらい高いのだ。Apple Storeだけ高いのではなく、他の量販店も同じような価格なので、これがインドネシアでの価格なのだろう。
ちょっと残念。12月に日本に帰る用事があるのでその時に日本で買うかなあ。

息子の言葉

最近、息子の英語がかなり上達してきたようだ。学校の友達とも英語でちゃんと意思の疎通が取れているらしい。同級生に日本人の子供もいるけど、学校ではその子と話す時も英語らしい。
ええ! 一瞬アメリカに移住した日系1世のような寂しい気持ちがした。このまま行けば、この子は日本人じゃなくなる。

最近はお父さんの知らない単語も覚えているようだ。インドネシア語でもそうだったけど、
父「良い香りがするって、インドネシア語で何て言うんだっけ?」
子「wangi(ワンギ)だよ」
という感じ。
このまま成長してくれたら、歩く辞書、いや通訳として使えるなあと、ちょっと寂しいけど便利で嬉しいかも。

しかし、日本語はたぶん日本にいる同年代の子よりは劣っているだろうなと思う。たまに一時帰国して戻ってくると、せいぜい1ヶ月くらいしか日本に滞在していなかったのに日本語が流暢になっているのに驚く。完全なバイリンガルに育つには、子供にとって相当な努力が必要らしいけど、本当にそう思う。
まだ幼稚園なので真剣に考えたことはないけど、小学生、中学生までこっちにいることになると、日本語の教育をどうするのかが問題だ。まあ、これはあくまで日本語を母語として育てることが前提の話だが。今のご時世、別に日本人として生きる必要もない様な気がするなあ。
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる