FC2ブログ

ロンボク島レポートその3(Pelangan Barat編)

 今回の旅行は、シーカヤックとシュノーケリングを目的にしていたため、ロンボク島(Lombok)の中で条件のよさそうなところを2ヶ所見つけ出した。ひとつはロンボク島の南西部にあるバリ島方向に伸びた半島の北側海岸地域(Pelangan Barat プランガンバラット周辺)。ここは小さな島が点在しており、また半島がインド洋のうねりを防いでくれるので、あまり荒れることがなく静かなカヤックの旅が出来そうだと思ってここにした。もうひとつはロンボク島北西に浮かぶギリ三島。Gili Trawanganギリ・テゥラワンガン, Gili Menoギリ・メノ, Gili Airギリ・アイルという三つの小さな島が東西に並んでいる。ここは白いビーチとサンゴ礁がきれいなことで有名な観光地だ。こちらはシュノーケリングをメインに考えて、それぞれ5泊、全工程11日間の予定を立てた。

 まず最初は南西半島に向かった。9月17日の朝から家を出発し、飛行機でSemarangからSurabayaを経由してLombokの中心都市Mataramの空港に着いたのが夕方5時半くらい。空港からタクシーであらかじめ電話で予約を入れていたSekotong Indah Hotelに向かう(タクシーの料金はRp220,000)。このホテルは地球の歩き方、LonelyPlanetに載っていた。Mataramから1時間半あまりかかってホテルの周辺に着いたが、肝心のホテルが見つからない。タクシーの運転手が通行人に何度か質問してやっとホテルを見つけたが、明かりはついているけどホテルには誰もいない。食堂も汚く荒れており営業している雰囲気がまるでない。電話を掛けても通じないので、誰か関係者がいないかとホテル周辺を運転手と一緒に探し回ったところ、近所の民家でホテルの守衛をしているという人を見つけた。彼にホテルの従業員らしき人物を呼んでもらって話をしてみたところ、ホテルはいま営業していない、泊めるのは可能だが食事を用意することができない。それでいいかと聞いてきた。こっちは1ヶ月前に電話で予約して食事もOKだと確認済みだぞと言ったが、彼はダメなものはダメなんだと開き直るだけ。はあ~、初日からトラブルかと思いながらも、じゃあこの近くに他にホテルはないのかと聞いたら、この先、西の方にBola Bolaというのがあると言うので、だいたいの場所とここからの距離を確認して、そっちに行ってみることにした。このとき既に時間は夜の7時半。街灯がなく暗い田舎の風景が不安を誘う。
 もし次がダメだったら今夜はひとまずMataramに戻ってホテルを探すしかないなと考えながら30分くらい走ったら、道路の右側にBola Bola Paradisという名のホテル(コテージ)を見つけた。受付で今日から5日間宿泊できるかと確認すると、問題ないと言う。ああ、助かった。夜中見通しが悪い中、一生懸命ホテルを捜してくれたタクシーの運転手にチップを弾んだ。親切な運転手に当たって本当に助かった。部屋の料金は施設によって何種類かに分かれていたが、天井ファンつき、冷水シャワー、ツインベットの一番安い部屋、Rp275,000にした。レストランが完備しており、食事は別料金である。 
 次の宿がすぐに見つかって助かったが、一瞬ヒヤッとした。オーストラリアでも似たようなことはあったし、この程度のトラブルはまあしょうがないかな。最近は多少のトラブルでは怒ることもなくなった。多様性の国インドネシアは何事もピンからキリまでいろいろある。何が起きても不思議ではないのだ。
 ちなみに「多様性の国インドネシア」は最近気に入っている言葉のひとつ。インドネシアを説明する時によく使われる言葉で、前はピンとこなかったが、最近、しみじみと実感することが多い。

 翌日からさっそくシーカヤックで周辺を散歩してみた。今回持ってきたのはFeathercraftフェザークラフトのWisperウィスパーである。本体重量15kg。全長4.75mのシーカヤックとしては相当軽い。パドルやPFDなどの装備を合計しても20kgほど。飛行機のエコノミークラスの預け荷物の制限重量に収まるので今回の旅のように飛行機で移動する時にとても助かる。
 初日なので、まずは海の様子を探ることから始める。ホテルの目の前にGili Gede(ギリ・グデ)という島があり、そこに渡ることにした。島の西側に沿って北上する。島の周囲はきれいな砂浜が広がっており、ところどころに小さな集落がある。ジャワ島と違って人口密度が低いのか、人影もほとんど見かけず静かな島だ。時々シュノーケリングをしながら北上を続けたが、途中から徐々に南風が強くなってきて、北端手前の岬についた頃にはすでに白波が現れ始めていたので、引き返すことにする。風は真南から吹き完全に逆風なので、パドリングがしんどい。島沿いに進んでいるうちはまだましであったが、島を離れてホテルの前の湾内に入ったら、南風がさらに厳しくなってきた。海面全体が白波に覆われている。内海で波はあまり高くなくピッチの小さな波なので危険性はあまり感じなかったが、久しぶりのカヤックで筋肉もすっかりなえていたので腕がすぐにパンパンとなる。そんな中エッチラオッチラと漕ぎ続けやっとホテルの浜に到着した。
 宿の従業員に聞くと、雨季に入り初めなのでインド洋からの南風が強いらしい。うーむ、地形的に風はそんなに強くならないだろうと読んでいたのだが、予想が外れてちょっとがっかり。こんなに風が強いんなら優雅にカヤックでアイランドトリップどころではなくなるなあ。
(つづく)


indonesia map

lombok map

コテージの外観
円筒形の建物の中は4部屋に分かれている
P1010138.jpg

部屋の中
P1010242.jpg

わりときれい
P1010243.jpg

ホテルの目の前の海から漕ぎ出す
P1010141.jpg

Gili Gedeの南端の岬の先端に水上ハウスがあった。
P1010156.jpg

住人らしき人が上がってこいと呼びかけて来た
P1010160.jpg

水上ハウスにいたのはハワイ出身のアメリカ人Mick Malone夫妻
普段はバリに住んでいるらしい。休暇でロンボクに来ているそうだ。
P1010157.jpg

Gili Gede西海岸
P1010183.jpg

浜が続く。まだ風はない。平和な海
P1010185.jpg

ホテルの前の海で潜ってみた
P1010212.jpg

P1010232_20090930225902.jpg
スポンサーサイト

ロンボク島レポートその2

 今日、ロンボク島での12日間の活動を終えてスマランの自宅に帰って来た。実は予定では昨日のうちに家に戻っているはずであったが、なんとロンボク島からの帰りの飛行機に乗り遅れてしまったため、もう一泊余分に泊まることになり、今日なんとか帰って来たのだ。その他にも予約していたはずのホテルが休業していたりとか、飛行機の預け荷物が紛失して出てこなかったりとか、トラブルが沢山あったので、結構しんどい旅だった。
 詳しい報告はまた次回と言うことで、今日は無事帰還のお知らせでした。

ロンボク島レポート

今、ロンボク島のGili menoにいる。天気はいいけれど予想外の強風になやまされている。既に雨期に入り始めているので、インド洋からの南風がつよいのだ。シーカヤックにはしんどい状態だ。と言うことで毎日シュノーケリングを楽しんでいる。珊瑚はいたるところにあるのだ。

もうすぐIdul fitri(断食明け大祭)

 もうすぐ9月21日、22日にインドネシアではIdul Fitri 断食明けの大祭(お祭り)を迎える。待ちに待ったお祭りだ。プアサをしていると本当に待ち遠しい気持ちになって、ありがたみがよく分かる。idul Fitriの前後1週間くらい、ほとんどの会社は休みになる。lebaran休暇と言うのだが、僕も同じく休みなので、今年はバリ島の西隣にあるロンボク島へ旅行することにした。妻と子供は今週の月曜日から日本に帰っているので、一人旅行である。ロンボク島ではシーカヤックとシュノーケリングを楽しむ予定だ。バリ島とは違って開発があまり進んでいないので、楽しい旅になりそうだ。

子供が入院!

ちょっとブログをご無沙汰してしまった。
 というのも実は子供の下痢が止まらなくなって入院していたからだ。幸いすぐに回復したので3日間の入院ですんだのでたいしたことはなかったのだが。
 先週の日曜の晩から下痢が止まらなくなり、月曜日に病院で薬をもらって自宅で様子を見ていたのだが、火曜日の朝になっても直る気配がないので、再度病院に行ったら、ドクターはチフスの可能性があるので入院してください。とのこと、熱が出ていないのでたいしたことないだろうと高をくくっていた我々は、チフスと聞いて一瞬びっくりしたが、まあ、しょうがないドクターに従いましょうということで、入院することにした。
 すぐに入院手続きに入ったが、どの部屋にしますか? とメニューを出されて、まるでホテルみたいだなと思いつつ、せっかくだからとVIPの一番高いクラスを頼んだら、空いてなかったので一つ下の準VIPにしてもらった。これで一泊Rp550,000(5500円)くらいだった。
 すぐに病室に入り、後は点滴をして、血液検査用に注射で血を採って、便検査用に検便しただけでベッドにずっと寝て過ごしていた。暇で可哀想なので、家からノートパソコンを持って来てトム&ジェリーのDVDをずうっと見て過ごしていた。これは息子の大好きなDVDなのだ。
 初日は妻が、次の日は僕が付き添いで泊まった。病院内には売店や食堂など揃っているので、付き添いで泊まるのに何も不自由することはない。まあ、この辺の感覚は日本の病院と同じような感じだ。
 初日の夕方に検査結果が出て、チフスの菌は検出されず、他にも危ない菌は何も出なかったことがわかった。ドクターの話によると一般的な病原菌でしょうとのこと、心配は要らないが様子を見るために3日間は入院してくださいと言われた。それでも下痢はまだ続いていたが、二日目の昼頃にはちゃんと止まった。元気も戻って来たようで、点滴をしたままベッドの上で飛び跳ねるようになった。
 それががまずかったのか、二日目の夜中に点滴をしている手が痛いと泣き始めて、看護婦さんに取ってもらったのが唯一のトラブルくらいかな。後は何も問題なく3日目の朝には退院できた。
 ということで息子の初めての入院体験はインドネシアでした。

追記
 インドネシアの病院で日本と一番違うのは、受診する際にドクターを選ぶことができること。今回入院したのはTELOGOREJOというスマランでは一番施設が充実していると言われている病院だが、小児科のドクターがなんと11名もいるので(時間帯はバラバラなので同時には2、3名か)、受付する時にどちらの先生にしますかと聞かれるのだ。最初に受診したドクターが最後まで面倒を見てくれるシステムだ。ドクターは複数の病院を掛け持ちしているのが普通なので、病院とドクターと両方選ばなければいけないのだ。まあ、考えように寄っては、ドクターはこの人が良いけど、病院は設備のいいこっちにしようとか、自由な組み合わせが選択できるので、ある意味合理的なシステムだ。
 今回も、最後の診察が終わったとき、ドクターが名刺を渡してくれた。今度もまた指名してねという感じかな。ちなみにドクターの名前はAnggoro。機会があれば指名してみてください。

点滴
IMG_0140_20090913232512.jpg

病室は結構広い
P1000981.jpg

一日に二回、身体を洗ってくれる。
P1010001.jpg

病院食。息子は全然食べなかったので代わりに食べてあげた。プアサで腹が減っていたので美味しく感じたけど。
P1010002.jpg

インドネシアではめずらしく温水シャワーがちゃんとあった。
P1000988.jpg

 

家探し

 ことしの11月に家の契約が切れるので、新しい家を探している。以前ブログにも何回か書いたが、今の家は雨漏りが激しく、雨期になるといつも雨漏り対策に追われているからだ。こちらの借家は2年契約の家賃前払いという、超貸し手優遇制度のため、いったん契約して入居すると2年間は我慢しなければならないのだ。
 ということで、家探しなのだが、なかなか良い家が見つからない。すでに10件以上見たが、どれも大きな欠点があり妥協できる範囲を超えているのだ。例えば、回りに木立がなく、西日がもろに当たって暑い家とか、サッカー場に近くて試合が終わった後のサポーターの投石などの乱暴(地元チームが負けるとひどいらしい)が心配な家とか、崖の上にあって眺めは最高だけど、土砂崩れが心配な家とか。。。
 ジャカルタのような大都市では治安の面から外人はアパートに住むのが普通らしいが、ここスマランには高級アパートはほとんどないため、みんな一軒家に住んでいる。家の状態以外にも治安や地形の安全性などいろいろ考慮しないといけないため、あまり選択肢がないのである。
 ああ、このままではこのボチョルの館と再契約になるかも。

暑い家
P1000821.jpg

中は一見涼しそう
P1000827.jpg

サッカー場のそばにある家。運転手がここは危険だからやめた方がいいと言った
P1000825.jpg

崖の上にある家
P1000864.jpg

景色は非常に良い。プールは隣の家
P1000873.jpg

中もきれい
P1000880.jpg



今年もPuasaが始まりました

 今年もPuasa(プアサ・断食)の時期がやってきた。今年は8月22日から9月19日までである。去年初めて経験してどんなものか大体わかったので、今年はどうしようかなと迷っていたが、会社でみんなが今年はどうするのか?と聞いてくるので結局やることになってしまった。
 去年の経験では、最初の1週間はしんどいが、それ以降は慣れてくるのであまり苦しくないのであるが、今年もすでに1週間以上経過して徐々に身体が慣れてきたようだ。今日はあまりしんどくなかった。
 プアサで一番しんどいのは水を飲まないことだが、身体も水分の保持を優先するメカニズムが働くのか、しだいに尿の回数が減るのだ。1週間たった今はほとんど便所に行くことがない。朝起きて1回、それから10時頃に一回行くだけで、あとは夕方の6時頃食事を取るまでまったく出ないのである。身体に溜まった老廃物を排出する尿の機能から言えば、回数が減ることは身体には良くないと思うのだが、やはり水分保持の方が優先されるのだろう。
 あと体の変化と言えば、口の中がべたついて気持ち悪いこと(口臭もきくつなる)。
 まあ、これくらいで、慣れるとプアサをしていることをあまり意識しなくなる。ひょっとして2、3日だけ試しにするのが一番つらいかもしれない。もしプアサに興味をもって試してみようと言う人がいるのなら、やり始めたら1週間以上は続けることをお勧めします。そうしないと一番つらい時期だけを経験して終わることになってしまうから。
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる