FC2ブログ

iPhoneの活用法

 前にも書いたがiPhoneで一番重宝しているアプリは辞書のiDicだ。iPhoneが2.0に上がった後もしばらく対応が出来ない状態が続いていたが、ちょっと前に対応し今ではAppStoreにも登録されている。AppStoreには他にも数多くの辞書が紹介されているが、iDicのいいところはEPWING形式の辞書ファイルに対応していることだ。僕はネットに公開されているインドネシア辞書をいろいろ集めて自作の辞書ファイルにまとめてPCでPDIC形式にして使っているけど、それを変換してEPWINGにすればiPhoneで使えるのだ。iPhone2.0でもだいぶ前からJailbreakが出来るようになっていたが、iDicが対応していなかったので指をくわえて我慢していたのだ。嗚呼、しかし、これでやっと2.0にアップグレードできた。
 やっと世間に追いついたかな。しかし、AppStoreは大盛況ですね。いろんなアプリがあふれている。さっそくPDFビューワーをインストールして使ってみた。これがあれば書類はなんでもiPhoneで読めるのだ。運転手に運転を任せて(これはインドネシアならではの良い事)通勤中の車内で読んでいるが、うーむなかなか素晴らしい。と最初は思っていたけれど、路面が荒れており、さらにAvanzaのサスペンションも固いので、跳ねまくる車内でiPhoneの小さな文字を読むのはちょっと辛いことが分かって来た。そう、すぐに酔ってしまうのだ。。ああ、やはりインドネシアでは日本のようにいかないのね。。。

本文とは全然関係ないけれど、バンジルの写真。
雨期ではないのに道路がまだ浸水している。大潮で海水が浸入して来ているのだ
P1000896.jpg

バンジルに負けじと走るベチャ
P1010008.jpg

スポンサーサイト



今日もプール

 今日もプールに行って来た。最近は何も予定がないとプールに行くことが多い。息子が深いプールでも泳げるようになって(腕に浮き輪は付けているが)、プールに喜んで行くようになったことが一番の原因かな。ついでだからスマランのプールを紹介していきましょう。
 今日のプールは、Grand Candi Hotel のプール。ここはスマランで一番高級なホテルと言われている。まだ一度も泊まったことはないけど。プールはちょっと小さめで雰囲気もそれほど良くないので、僕はPatra Semarangの方が好きかな。ただ、このホテルには香園という高級中華料理店があり、点心は手頃な値段なので我が家はよく食べに来る。今日もプールの後は香園で食事。いつものように美味しかった。
 プールの値段は大人一人Rp35,000。どうもスマラン市内のホテルのプール代はどこも一緒のようだ。

P1010227.jpg

P1010232.jpg

プールの右にいるのは息子の学校の子供。今は下のクラスにいるけど8月の新学期から同じクラスに来るらしい。
P1010234.jpg

香園。他に客は誰もいなかった。昼食には遅い時間だったからかな。
P1010245.jpg

P1010246.jpg

店の水槽にいるエビ。種類は何だろう?
P1010248.jpg


インドネシアでもiPhoneが

 インドネシアでもついにiPhoneが販売されるようになった。おお、やっとインドネシアでも正規で入手できるかと喜んだけど、実は料金がかなり高いのだ。プリペードカード払いの本体価格は一番安いプランで8GでRp 9,605,000(9.6万円)。月払いプランで8Gの本体価格Rp4,900,500(4.9万円)で毎月の基本料金Rp389,400(¥3800)、これに通話料とデータ通信料が別途加算される。
 これなら、日本のソフトバンクで買って来てこちらでSIMロック解除して使った方がかなりお得だ。ちなみに僕が今使っているiPhone2GはSIMロック解除済みで、一月当たりの通話料金は大体Rp50000(¥500)。速度が遅いのでデータ通信にほとんど使っていないことを考慮してもかなり安い。日本ではソフトバンクのキャンペーンで安くなっているので、妻用に日本でiPhone3Gを買おうかと検討したけど、なんと新型インフルエンザのおかげで妻の一時帰国が中止になり、諦めることになった。
嗚呼、新型インフルエンザ、我が家はかなり影響を受け始めています。 

インドネシアの取り扱いキャリアはTELKOMSEL。インドネシアでトップシェアの会社
iphone1006.jpg

プリペードカード払いの料金プラン 表の値段X1000ルピア
iphone1008.jpg

こちらは月払いのプラン、料金表示はそのまま
iphone1007.jpg

プール&プール

 新型インフルエンザが日本で発症者が出たと思っていたらあっという間に感染が広がっているようだ。インドネシアではまだ発症者が発表されていないので表向きは安全だが、実は密かに広がっている可能性は否定できない。症状が季節性の普通のインフルエンザと対して変らないらしいので、インドネシアではインフルエンザ患者のすべてを新型かどうかチェックしているとは到底思えないからだ。なにしろ、病気になれば病院に行くより、まずdukun(祈祷師)に行っておまじないで直してもらう社会なのだから。。。
 ところで、我が家の「インフルエンザ対策」は「活動」に励むことだと書いたが、結局、先週はジョグジャに行ったけど、今週はホテルのプールで遊んだだけだ。さすがに毎週の「活動」は計画を立てるだけでもしんどいのと、電力調整で土曜日出勤が多いので、日曜日だけだと遠出がしんどいのがその理由だ。
 ちなみに我が家ではアウトドア遊びのことをすべて「活動」と称している。これは大学のクラブ活動(探検部)の名残である。関係者の人ならすぐわかっていただけるでしょう。
 ジョグジャでは妻がショッピングを楽しんでいる間、僕と息子はホテルのプールでずうっと泳いでいた。最近、息子は足の届かない深いプールでも、腕浮き輪があれば泳げるようになったので、プールが楽しめるようになったみたいだ。先週に引き続き今週はスマランのホテルのプールで泳いだ。インドネシアはさすがに毎日夏なだけあってプールは沢山あるのだ。滑り台や流れるプール等遊園地タイプのプールもいくつかあるが、息子はまだ小さいのでそういうのは苦手のようだ。だからホテルのようなリゾート型の落ち着いたプールに行くことが多い。

ジョグジャのホテルMelia Purosani 高級ホテルだが宿泊料金はダブル1部屋でRp810,000(¥8000)
P1000941.jpg

P1000919.jpg

P1000917.jpg

変な猿がたくさんいた
P1000944.jpg

P1000962.jpg

スマランのホテルPatra Semarang こちらは中級ホテル。丘の上に建っているので見晴らしが良くて気持ちがよい。プールの値段は大人Rp35000(¥350)
P1010095.jpg

ジャグジーもあるが、ちょっと熱すぎると思う。
P1010114.jpg

快調に泳ぐ航太郎
P1010106.jpg

日曜日になのにほとんど客がいなくて貸し切り状態
P1010117.jpg

新型インフルエンザで大変なことに

 しばらくブログをご無沙汰していた間に世間は新型インフルエンザで大変な騒ぎになっているが、新型インフルエンザの本家本元、発生するならここしかないと見られていたインドネシアは今のところ平静そのものだ。当初、豚インフルエンザと報道されていたので、豚がほとんどいないインドネシアは安全だと勘違いしている者が結構いたが(インドネシア人だけでなく、日本人にも)、インフルエンザAと名前も改められた頃から、ようやく人から人への新型(人)インフルエンザという認識が広がったようだ。しかし、毒性も季節性インフルエンザと大差ないと分かったため(ただし、コメントにはいつ強毒性に変異するかも分からないと必ず脅しがついているが)、世間も少しは落ち着いて来たようだ。
 
 しかし、そんな中、なんと日本の親会社から、もしインドネシアに新型インフルエンザの発症者が一人でも確認されたら帯同家族は即時一時帰国すべし、という指令が出されたのだ。指令が出たのが4月30日だったので、その当時は毒性もよく分からず、フェーズ5に上がったばかりでパニックの中、出された指示だったので無理もないとは思うが、まだ発生したばかりで状況もよく分からないのにいきなり一時帰国か?という驚きが第一だった。さっそく、親会社に異議を申し立てたが、すぐにGWに入ってしまったので返答はなく、そのままとなっている。

 いまは毎日ニュースでインドネシア国内で発症者が出ていないか確認しているが、発生したら即時帰国なので、まったく落ち着かない。しかし、たとえ一人発症したからと言って事態が急変するわけでもなく、最近は毎日チェックするのがアホらしくなって来た。たとえ発症しても、「ああ、そうですか知りませんでした」と無視して押し通そうかという気分である。一人発症したから即時帰国という指示にいったいどんな合理性があるのだろうか。はるか遠いパプアで発生してもすぐ帰る必要があるのか。インドネシアの実情を知らない日本の親会社が安全第一で決めた安易な指示としか思えない。彼らにとってインドネシア=危険。これがすべてなのだろう。家族の帰国の判断くらい当事者に任せて欲しい。死ぬのはこっちなのだ。

 この親会社からの指示に対して我が家の対応策は「いまのうちに出来るだけ行動すること」である。いつ家族が強制帰国させられるか分かったものじゃないので、とりあえずインドネシア国内をいろいろ旅行する予定である。パプア、スラウェシ、自転車旅行、シーカヤックに洞窟(これは家族ではしんどいかな)、行きたいところ、やりたいことはたくさんあるのだ。しかし、インフルエンザよりよっぽどリスクは高いような気がするなあ。。。。 
 
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる