FC2ブログ

日本に一時帰国その2

 先週から日本に一時帰国しているが、非常に忙しい毎日を送っている。一時帰国と言っても自分の家が日本にあるわけでもなく、妻や自分の実家などに居候状態でかつ、毎日観光に出歩いているので完全に旅行気分である。詳細を書くのも大変なので、すみませんが、写真で勘弁してください。

まずは大宮にある鉄道博物館
R0010145.jpg

P1000091.jpg

R0010186.jpg

次に千葉でイチゴ狩り
P1000121.jpg

P1000126.jpg

それから広島に帰省。これは路面電車
P1000165.jpg

家の裏山から写した広島の風景。
さて、どこから写しているでしょうか。
P1000177.jpg

実家ですき焼
P1000285.jpg

広島人なら誰でも知っている酔心で食事
P1000318.jpg

ちょっと足を伸ばして呉の大和ミュージアムへ。これは大和の模型
P1000215.jpg

零戦五二丙型の復元機
P1000240.jpg

大和ミュージアムとなりにある”てつのくじら館”
入場料はただ。おまけに潜水艦の中にも入ることができる。すばらしい。
P1000219.jpg

広島駅にて。新幹線ますます動物的になってます。
P1000337.jpg

広島の駅弁はあなご飯
P1000347.jpg

広島から帰って来たら次はディズニーランド。
R0010321.jpg

P1000390.jpg

P1000395.jpg

ということで、一年分の観光をこなそうと毎日あちこちに行ってます。
ちょっとやりすぎかのう。
スポンサーサイト

日本に一時帰国

先に日本に一時帰国していた家族に続いて、21日から日本に帰っている。
去年の5月に2泊3日の出張で帰ったことはあるけど、あれは一瞬だったので、帰国らしい帰国とは言えなかったけど、今回は2週間なのでたっぷり日本が味わえそうだ。
しかし、成田空港に着いて、たくさん日本人がいるのにまず驚き、ビルがきれいなのに驚き、みんなこぎれいな格好をしているのに驚き、きょろきょろ、まじまじと大変だった。土日はいろいろ買い物に出かけたが、巨大なホームセンターや電気屋の品揃えに驚き、いや品揃えが多いのは知っていたからそれほどでもないが、この1年半の間にいろんな新製品が出ているのにビックリ。妻の実家のTVがデジタル放送に変っていて、その奇麗さにもびっくり、いやあ、ちょっと留守にしていた間に日本は大きく変わっているのですね。
ところで、海外駐在員はふつう一時帰国中に健康診断を受ける義務があるのだ。
ということで、今日は東海大学八王子病院に検診に行って来たけど、これがまたきれいな病院だこと。検査後に出て来た食事も立派だったし、感動の連続だった。

病院の入り口
P1000073.jpg

健康診断(人間ドック)終了後に出て来る食事
P1000059.jpg

これはいつも行くラーメン屋
P1000050.jpg

P1000046.jpg


久々の洞窟 Goa Mcan と Goa Lawa

 月曜日に久々に洞窟に行ってきた。スマランの東60kmくらい離れたところにある町Purwodadiの北側に石灰岩で構成された山地があり、そこに洞窟が10個くらいあるらしい。これは会社のローカルスタッフからの情報提供である。彼はPuruwodadiの出身なのだ。インターネットで調べると、詳しいことは載っていなかったがGoa Macanと言う名前の洞窟が一番きれいで見所らしい。家族が日本に一時帰国しているので、運転手のAsriと二人で出かけた。
 
 PurwodadiからPatiに抜ける道を進むとすぐに山に入り登り坂となる。しばらく進むと右手に看板が見えるので、右折して2kmほど進むとすぐに事務所に到着した。ここで駐車代Rp2000と入場料Rp2000を払って入洞した。ここはガイドがいないので、運転手と二人だけで入る。
 洞窟は事務所の裏手の山を300mくらい登ったところにある。事務所から歩道がまっすぐに丘の上まで続いており、回りはブランコや東屋などがあり、ちょっとした公園風になっている。歩道を進んで、丘の頂上からちょっと下がったところに、Goa Macanの洞口がある。洞内はコンクリートの階段があるが、照明はない。洞窟は横穴で奥行き30mくらいの小さな洞窟である。ところどころホールがあり広いところで幅7、8m、天井高10mくらいである。2次生成物はよく発達しており、フローストーン、つらら石、石筍などけっこう大きなものがある。また天井に何箇所か穴が開いており、光が入ってくるのでライトがなくてもかなり奥まで入洞は可能である。水系はなく、生成時期はかなり古そうだ。

観光洞の事務所。ここで料金を払う。
DSC_0064_20090318232026.jpg

事務所の裏から歩道が真っすぐ延びている。
DSC_0066.jpg

すぐに洞口がある
DSC_0067_20090318232224.jpg

DSC_0073.jpg

DSC_0077.jpg

DSC_0088.jpg

DSC_0115_20090318232441.jpg

2時生成物の連発。すんません。スケールがよく分からないですね。どれも結構大きいです。
DSC_0127.jpg

下に写っているのが洞内の歩道
DSC_0139_20090318232540.jpg

 ここを出た後さらに上に上がり、丘の頂上まで行くともう一つの洞窟Goa Lawaがある。これもさっきと同じような形態の横穴で、奥行き30mくらいでお終いとなる。また、天井に2ヶ所ほど開口部があり、そのうちの一つは歩道で外から回り込むことが出来、頑丈そうな手すりもあるのでSRTで降下も簡単に出来そうである。こちらの方が大きな2次生成物があり、雰囲気はよい。

 どちらの洞窟も通路、天井とも広く、危険な箇所はまったくないので子供連れの家族ケイビングに最適だ。こんど息子と一緒に行って見よう。息子はタスマニアの観光洞ですでに洞窟デビューしており、暗いところも怖がらないことがわかったので、たぶん大丈夫だろう。
 ケイビングとしては全く大したものではなかったが、久しぶりに立派な2次生成物を見て満足だった。日本にもこのぐらい派手なのがもっとあればいいのだが。。。。

DSC_0177.jpg

DSC_0198.jpg

天井に何カ所も穴があいている。
DSC_0207.jpg

石灰岩の露岩。南方系のいかにももろそうな石灰岩だ。
DSC_0160_20090318233332.jpg

天井にあいている穴の外側
DSC_0168.jpg

丘の頂上付近の様子。お椀状の石灰岩ドームが連なっている。いくらでも洞窟はありそうな雰囲気。
DSC_0170.jpg

山地の遠景。前回行ったジョグジャとよく似ており、緩やかな石灰岩の丘が連なっている。
しかし、天気がいいなあ。もう雨期も終わりかな。
DSC_0223.jpg


JAMU(ジャムゥ)インドネシアの伝統薬

 昨日、家族が日本に一時帰国で帰ってしまった。ゆっくり羽が伸ばせるぞと思っていたら、身体がだるくて鼻水が出るので、どうも風邪を引いてしまったようだ。先週から家族がみんな風邪をひいていたので移ったのかもしれない。
 ということで、今回はJAMUを試してみることにした。JAMU(ジャムゥ)とは、インドネシアで伝統的に使用されている薬で、まあ、漢方薬みたいなものだ。町中でJAMUの入った瓶をかごに入れて背負った行商のおばさんをよく見かける。我が家の前にも朝、出勤前によく売りにやって来る。運転手やメイドが買って飲むのだ。また、行商以外に、町中にJAMU専門店がたくさんある。ここでは粉末タイプを売っている。
 今回は、家のそばの専門店で風邪用のJAMUを買って来た。風邪以外も、精力剤や健康促進、肩こりや腰痛、なんでもある。おまけに一回分一袋を1500Rp(約15円)で売っている(夜の精力剤は10倍くらいします)。値段を知ると、ほんとに効くのかなあと心配になるが、まあ、試しに飲んでみた。効くのかなあ?

JAMUの外観。これで一回分。裏にはインドネシア語と英語の説明文が書いてある。
ひょっとして輸出もしてるの?
DSC_0006.jpg

お湯100mlに溶かして飲む。とても苦いので(漢方によく似た味)砂糖やハチミツを入れて飲むらしい。
DSC_0004_20090313222846.jpg

トラブル続き

ここ2週間はトラブル続きだった。最初は妻が高熱(39.5℃)を出して倒れてしまったこと。デング熱?鳥インフルエンザ?と高熱が出ると心配になるが、病院に行ったら大した検査もなく、お尻に注射を打って薬をもらって帰って来ただけ。この病院(Telogorejo)はスマランで一番まともな総合病院ということで、何度も来たことがあるが、土曜日も夜7時までやっているので、今回は助かった。
 しかし、家に帰って薬を飲むとすぐに熱も下がって大分楽になった様子で、取りあえずは一安心だった。その後、2、3日は熱が続いていたけど、1週間くらいで直ったようだ。咳や鼻水もちょっと出ていたので、たぶん普通のインフルエンザだったのでしょう。
 薬は全部で200,000Rp(2000円弱)くらい。こっちの薬局で買う風邪薬は20,000Rpくらいなので、かなり高額な薬だ。効き目も強いようだ。しかし副作用も強いのか、薬を飲むと夜なかなか眠れないらしい。?ふつう風邪薬を飲むと眠たくなるはずなのだが。。。。

左は咳止め・鼻水止め。その右は熱冷まし。後は何用か忘れてしまった。
DSC_0003_20090311072644.jpg

 次のトラブルは、妻が風邪で倒れている時に、子供と二人で風呂に入っていたら、シャワーの蛇口が根本から折れて外れてしまったことだ。蛇口は鋳造で作っていると思うのだが、鋳物の品質が悪いのだろうか。今時の日本では滅多に起きないのだが、こちらの日本人で同じように蛇口が折れた経験のある人がいた。うーむ、こちらでは普通なのか。
 次の日にホームセンターで蛇口を買って来て無事修理完了。このホームセンター(名前はACE HARDWARE)は半年くらい前にスマランに出店して来たインドネシアのホームセンターのチェーン店だ。スマランらしからぬ品揃えで、と言っても日本よりは当然劣ります。店をブラブラするだけでも結構楽しめる。

左が折れたが蛇口。右は買って来た新品
DSC_0005_20090311072655.jpg

根本のネジ部が折れた
DSC_0009_20090311072720.jpg

接続する前。パッキンが付いていたのでシールテープは要らなかったかも
DSC_0013_20090311072731.jpg

無事交換終了
DSC_0014_20090311072741.jpg

何でもおもちゃにして遊ぶ息子
DSC_0008_20090311072709.jpg

プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる