FC2ブログ

ついに壁を越えたか!

ついに壁を越えたかもしれない。
何のことかというと、乗馬です。
いつから始めたのか、かれこれ1年以上になると思うけど、
今までは馬がなかなか言うことを聞いてくれず、馬に乗っている
というより、乗せられているという感じが強かったのだが、
3週間前に始めて、なんか馬と会話できたような感覚を覚えた
のをきっかけに先週、今週とほぼ思い通りに馬が動いてくれるように
なったのだ。それも違う馬で。
初めてレッスンを開始したときはGajahという名の、おとなしくて
すぐ指示に従う馬だったので、それなりにコントロールできていたの
だが、途中からSuperMasというリーダー馬になってからは、まったく
言うことを聞いてくれなくなり、とても苦労した。
それがさらにDonovanという頑固で独立心の強い馬になってからは
さっぱりダメ。すっかり自信がなくなっていたのだが、我慢して
レッスンを続けていたら、なんか知らないがDonovanが言うことを
聞くようになったのだ、ついに僕をリーダーと認めてくれたらしい。
SuperMasに乗り換えても一緒。彼も僕をリーダーと認めてくれたようで
ちゃんと言うことを聞く。
「人馬一体」という言葉があるが、初めて意味が分かった。ほんとうに
馬と会話して一体になって走っているという感覚。
左右に曲がるのも、スピードの調整もかなり思った通りに動いてくれる。
それ以上に、馬と会話しているという感覚が楽しい。
馬に限らず、今までの人生で、動物とここまで意思の疎通ができたことは
なかった。これは非常に新鮮で、わくわくする素晴らしい体験だ。
正直、乗馬の技術としてはまだまだ未熟でもっとトレーニングが必要で
なんかやっと入門できたという感じだが、ひとつの壁を越えたという意味
では、ちょっと満足な気分。
さあ、これからのトレーニングは楽しくなりそうだなあ。

1524573_743559852340176_1123439593_n.jpg


1551496_743560035673491_2073288059_n.jpg





スポンサーサイト



乗馬について

実は3ケ月ほど前から最近、乗馬を始めたのだ。妻が最初に始めたのだが意外に面白そうだし、もともと馬に乗ること自体は興味があったので、僕も始めることにしたのだ。しかし乗馬は激しいスポーツという感じはなかったので、完全に舐めていたら、実はけっこうきつくて大変だということがわかった。馬が早足の時は鞍の上にどかっと座るだけではもちろんだめで、馬の動きに合わせて体を上下に動かしてバランスを取らないといけないのだが、これが大変なのだ。例えば左に回るときは馬の右前足が前に出た時に腰を浮かせて、次に左足が前に出たときは腰を下ろす、これをずっと続けないといけないのだ。練習を1時間も続けるとかなり足が疲れる。次の日は筋肉痛だ。
先生の話によると、これは基礎的な技術だけどマスターするには結構時間がかかるとのこと、ちなみに先生の夫は素人だったので6ヶ月かかったらしい。先生はオランダ人の女性で夫はインドネシア人。二人でSalatigaで乗馬スクールを経営している。
ということで始めたのはいいけれど、まともに乗れるようになるには一体どのくらい日にちがかかるかなあ。ちょっと心配。
プロフィール

pahoehoe

Author:pahoehoe
ブログのタイトルpahoehoeとはハワイ語で滑らかな溶岩を指す。溶岩洞窟の調査で訪れたハワイ島で水飴のように流れる溶岩を見て衝撃を受けた。また、パホエホエという語呂が好きなのでハンドル名によく使用している。
本名:山西敏光
居住地:島根県松江市
出身地:広島県広島市
特技:ドジョウすくい
モットー:死ぬ気で遊べ!
家族:妻、子(二人)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる